2008年08月25日

マガジンバンパー取り付け

やっぱり、Wilsonのロゴは欲しいですよね。
でも、あのMEUのシルバーマガジンは捨てがたいですよね。

先日に引きつづき、お約束のマガジンベースの取り付けです。

まず、取り付けに際して必要な物は、

どこのご家庭にも一本はある、M1911A1のマガジンとMUEのマガジン。
そして、Anvilの「Wilson ロゴ入りマガジンベース」です。

まず、マガジンベースを分解します。


基本的に、どちらのマガジンも注入バルブの隣にある、六角ネジを回すと上記写真に写っている長いネジ出てきます。
このネジを取り外すとマガジンベースが取れるのですが、その際弾を押し上げる為のフォロアースプリングが飛び出して来ますので注意して下さい。


マガジンバンパーをM1911A1のマガジンベースに取り付けるのですが、マガジンバンパーの出っ張りは六角ネジが入っていた方に入れてください。


そのまますんなりとMEUのマガジンに取り付くと良いかと思いきや、ネジが回らない所まで回しても隙間が出来てしまいます。
このままでは、ガスタンク気密が取れませんのでガス漏れしてしまいます。


上記の写真の矢印の部分があたってしまうためです。
ここの部分を入る様に削っても良いのですが、


プラスチックハンマーで叩き込んでしまいます。
くれぐれも、金槌では叩かないようにしてしてください。
もしも、ご家庭に金槌でしか無い場合は、木片などを一枚噛ませて下さい。


あとは、ネジを最後まで締めこんでしまえば完成です。
ちなみに、写真はありませんがM1911A1のマガジンにMEUのマガジンベースを取り付ける際は何も加工は必要ありません。
そのまま、分解と逆の手順で組み立てるだけです。

尚、製品に付属しているシム(ドーナッツ状の板)は、ネジと一緒に締めこんで下さい。


という風な感じです。

もちろん、ベースを取り換えたどちらのマガジンも通常通りお使いいただけます。
お手元に、マガジンバンパーとマガジンをお持ちであれば是非ともやってみてください。

本物のMEUに1歩近づきますよ。






同じカテゴリー(製品情報)の記事画像
KSC M4用の新型チャンバーです。
Glock Gen.4 frame in Progress GEN4作ってます。
年末のあれ(WW2 記念モデル)
今年一年ありがとうございました。
KSC対応アウターバレル
マスターマット
同じカテゴリー(製品情報)の記事
 KSC M4用の新型チャンバーです。 (2012-10-06 20:23)
 Glock Gen.4 frame in Progress GEN4作ってます。 (2012-03-09 14:56)
 年末のあれ(WW2 記念モデル) (2011-01-27 22:00)
 今年一年ありがとうございました。 (2010-12-31 19:00)
 KSC対応アウターバレル (2010-05-11 20:00)
 マスターマット (2009-08-27 20:00)

Posted by Anvil  at 18:00 │Comments(0)製品情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。