スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年05月23日

GHK AK用のコッキングハンドル

Hephaestusより、GHK AK 用のちょっと変わったハンドガードが入荷致しました。

一見、ただのハンドガードに見えますが、
変な出っ張りが出ているのが、お分かりになるでしょうか?

感の良い方なら、気付いたかもしれません。
左側からボルトをコッキング出来る様にするハンドガードなのです。
その名も、
「GHK AKシリーズ用
フロントチャージングシステム (TypeB)」

(AKS-74UN と AKMSUを除く)

AKと言えば、射撃ポジションのままマガジンチェンジが出来ない物でした。
某インストラクター仕様のAKでも、その点は問題点として認識されており、ボルトの左側面のレシーバーに穴を開け、コッキングハンドルを左側に出す形にし、この問題点を解決しておりました。
ただ、この仕様ですとボルトと連動してコッキングハンドルも動いてしまうため、ちょっと厄介でした。

そこでHephaestusでは、ボルトと連動して動かない様にガスピストンの前にコッキングハンドルを持って行き、ボルトを押し下げる際のみ動くようにしました。(構造上ちょっだけ、動きますが、大きくは動きません)

言葉で説明してもなかなか分かりにくいと思いますので、メーカーが用意いたしました動画をご覧下さい。

アルミ削り出し

お値段は、¥15,300-(税別)となります。

GHKのAKがより使いやすくなりますよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

  


Posted by Anvil  at 19:20Comments(0)Hephaestus