スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年12月26日

ニキータ!!


18年前に、フランスで衝撃の映画が公開されました。
もちろん皆さん覚えてますよね?
見どころはたくさんあるのですが、やっぱり印象に残っているのはこのシーン?


プレゼントだと思って、箱を開けたら・・・


華奢な女性の暗殺者が、大きなデザートイーグルを乱射するアンバランスさがたまりません。

こいつですよね?  


Posted by Anvil  at 18:46Comments(0)よもやま話

2008年12月11日

Kingsタイプ アンビセフティー





MEUで採用されている事でも有名な「Kingsタイプアンビセフティ」が好評発売中です。

マルイさんのKingsのアンビセフティーは非常に良くできており、随所にリアル形状に
しようとした跡は見られるものの、コストダウンの工夫の為なのでしょうか、やはり
実物と形状が若干違います。

実物との違いはいろいろとありますが、ぱっと見て分かる一番の違いは指掛け部分の
広さです。両側とも実物よりかなり太くなっており、カイデックス系のホルスターによって
は銃を差し込んだ際にセフティーが解除されてしまう事がありました。

また、両サイドの面取りの形状、ピンのはめあいなど、細かいところを言えばきりがない
のですが、Anvilのセフティーは実物から採寸して作られている為、細部まできっちり再現
しております。

実物の写真をアメリカの友人から入手しましたので、実物、Anvil、マルイ純正と並べて
みましたので、比較してみてください。







好評発売中です!!

お求めは、お近くの小売店様へ。

Anvil TM-GMP-E05-SB
    マルイ M1911 セフティー-Kingsタイプ(アンビ)-Black           ¥12,000-(税別)
Anvil TM-GMP-E05-SS
    マルイ M1911 セフティー-Kingsタイプ(アンビ)-Stainless Silver     ¥12,500-(税別)







  



Posted by Anvil  at 19:15Comments(0)製品情報

2008年12月06日

新型 WA M4バレルガイド(マルイインナーバレル専用)編

前回の予告通り、
新型 WA M4バレルガイド(マルイインナーバレル専用)を組み込んで行きたいと思います。

今回使用する純正パーツはありませんが、
別途、東京マルイ M4シリーズ対応の「HOPパッキン」と「インナーバレル」が必要となります。

本文中に出てくるパーツNo.は下記写真を参照してください。


1、インナーバレルにHOPパッキンを取り付けます。


2、パーツBにパーツFのいもネジを組み込みます。
この際、下記写真の様に六角レンチを先に入れ引き抜く様にしてネジを回し入れます。


3、パーツDをインナーバレルの切りかきにあわせて、はめ込みます。
その際、下記写真の様に取り付けた時にインナーバレルのHOP調整用の穴が上側に来るようにしてください。


4、パーツBを組み込みます。
この際に、あらかじめHOPパッキンにシリコンオイルやセラミックグリスなど粘度の低いグリス
を塗ると、スムーズに入ります。
下記写真のパーツEの赤丸の部分の穴をパーツB側にあるネジ穴ときっちりあわせてください。



5、パーツHのネジで固定します。


6、パーツGのバネをパーツFの赤丸の部分に乗せ、HOP調整用のゴムを下記写真の矢印の場所へ置きます。
(赤丸の部分には、ばねを入れる為のへこみがあります)


7、パーツIの割りピンを差し込みパーツEを固定します。


8、パーツAとパーツDのバネをインナーバレルの銃口側より下記写真の順番で入れます。
この際に、赤丸の部分にグリスを塗っておくとHOP調整がスムーズになります。


 この後は、分解した逆の手順で組み込んで行くのですがブルズアイ対応のバレル
ガイドと同様に1箇所加工が必要になる場合があります。
WA純正のパーツNO.58バレルソケットは製品により多少の誤差がある為、下記図
の様にバレルガイドが入らない事があります。その際は、バレルソケットの内側を粗
めのペーパーヤスリやリューター等で少しづつ削り、調整してください。




ちなみに、六角レンチを加工して下記写真の様なパーツを作るとHOP調整が楽になります。
レンチのL字型の短い方を切るだけなのですのが、完全に切り落として棒状にせずに少しだけ残すのがポイントです。


  


Posted by Anvil  at 18:23Comments(0)製品情報

2008年12月04日

新型 WA M4バレルガイド(ブルズアイ対応用)編

それでは、「WA M4バレルガイド (ブルズアイバレル対応用)」を組み込んで行きます。

組み込みに使用する純正パーツは、「インナーバレル」と「HOPパッキン」のみです。

本文中に出てくるパーツNo.は下記写真を参照してください。


1、インナーバレルとHOPパッキンとインナーバレルだけの状態にします。


2、パーツBをインナーバレルに通します。
パーツEを下記写真の赤丸部分切りかき部分に合わせます。
その際、向きがありますのでご注意ください。


3、下記写真の様に、パーツBを矢印の方向に動かし、パーツEと組み合わせます。


4、インナーバレルにHOPパッキンを組み込みます。
この時、HOPパッキンの向きに注意してください。
(パッキンの内側の出っ張りが、インナーバレルの切りかき部分から見えればOKです)


5、パーツCを組み込みます。
この際に、あらかじめHOPパッキンにシリコンオイルやセラミックグリスなど粘度の低いグリス
を塗ると、スムーズに入ります。

HOPパッキンが下記写真の様に見えればOKです。


6、パーツHのいもネジを組み込みます。
この際、下記写真の様に六角レンチを先に入れ引き抜く様にしてネジを回し入れます。


7、パーツGのネジを回し固定します。


8、パーツJのバネをパーツFの赤丸の部分に乗せます。
(赤丸の部分には、ばねを入れる為のへこみがあります)


9、パーツIの割りピンを差し込みパーツFを固定します。


10、パーツAとパーツDのバネをインナーバレルの銃口側より下記写真の順番で入れます。
この際に、赤丸の部分にグリスを塗っておくとHOP調整がスムーズになります。


 この後は、分解した逆の手順で組み込んで行くのですが1箇所加工が必要になる
場合があります。
WA純正のパーツNO.58バレルソケットは製品により多少の誤差がある為、下記図
の様にバレルガイドが入らない事があります。その際は、バレルソケットの内側を粗
めのペーパーヤスリやリューター等で少しづつ削り、調整してください。



次回は、マルイインナーバレル対応用を組み込んで行きたいと思います。
  


Posted by Anvil  at 18:54Comments(5)Prime