スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年03月28日

Magpul 来ました。

WA M4対応Prime「Magpul Billet Receiver Set」が入荷いたしました。



昨日もご説明しましたが、ライセンスモデルですので、
外形寸法や仕様はMagpul社から実物のデータを提供されており、

Magpulのロゴや、

昨日のBlogでもご説明しました、色の入っていないセレクターマーク

右側面の刻印(シリアルNo.入りなのですべて番号が違います)

フロントセレーション

一体成型のトリガーガード
などなど、特徴的な部分はすべて再現されています。

眺めていると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うう...たまらん...







駆られた衝動は抑えられませんでした。




組んじゃいました。
Magpul DVDにも登場したアッパーはMUR-1、ロアーはMagpulという仕様です。
MBUS(Magpul Buck Up Sight)も載っけてみました。





うーん、いいですねぇ。

MAGPULレシーバーは、本日出荷しました。
お近くの小売店でぜひご覧ください。

Prime WAM4-016 アッパー&ロアレシーバーセット -MAGPUL 参考上代¥94,500-(税別)



  


Posted by Anvil  at 19:30Comments(0)Prime

2009年03月27日

Magpul Billet Receiver Set





例のDVDの影響か?
今、日本国内はもとより世界中のM4/ARファンに
最も人気のある実銃パーツメーカーといえば...
Magpulですが、
ついにWA M4用のレシーバーセットが発売されます!!



もちろん本家Magpul社正式ライセンスモデルで、
なんと製作はWA M4用のレシーバーでは最も評価の高いPrime!

ライセンスモデルですから、
外形寸法や仕様はMagpul社から実物のデータを提供されており、
CNCマシンによる切削加工で、可能なかぎり忠実に再現されております。

実は今回の製作にあたり、
Magpul社に問い合わせてはじめてわかったことがあります。

1. 実物はBlackしかない!
  FDEカラーの実物写真を見たことがあるので、
  てっきりFDEもあるのかと思っていました...
  「あれはユーザーが自分でスプレーペイントしてるんだよ」
  とのこと。

2. セレクターのセーフ、セミ等を示す弾丸マーク?に
  白や赤の色が入っているのが正解?
  「No! 実物はマークのみで色は入っていません。
   これもユーザーが自分で入れたんでしょ」

3. セーフ、セミのみの民間バージョンの写真はよく見るのですが、
  フルオートバージョンもあるの?
  「あります!アメリカの一部の州向けや、ミリタリー、
   ロウエンフォースメント向けに製作してます。
   ○○や××等皆さんもよくご存知の部隊にも試験的に納入してますよ」

4. マグハウス右側に小姐(中国の女の子)刻印が
  入っているバージョンの写真を見たのですが?
  「あははは...あれはShot Showのデモ用に製作したものに
   特別に洒落で入れたものなんだ。可愛いでしょ!」
  「うーん、微妙...」
  「大丈夫、製品版には入ってないから。」



へーっ、そうなんだ。全て納得しました。

限定品で、明日入荷予定です!
製品の詳細はまた明日!
ご予約はお近くの小売店で!!  


Posted by Anvil  at 18:30Comments(2)Prime

2009年03月23日

WA M4 ステンレスバレルエクステンション

以前、スチール製のバレルエクステンションをご紹介いたしましたが、
ステンレス製のバレルエクテンションが発売されました。



雑誌等で紹介されているM16系の銃のほとんどは黒い物なので、
こんなパーツはあるの?って思われるかもしれませんが、
実銃の写真を見ていると、この様に


ステンレスの物が存在します。

スチール製のバレルエクテンションと同じく、
Primeバレルガイドに対応させる設計にしましたので、



無加工で組み込む事が出来ます。

実物と同じく、削り出しです。

何気ないパーツですが、ホールドオープンした時の銃の印象が変わりますよ。

好評発売中です!!

Prime WAM4-012SS WA M4用 ステンレスバレルエクステンション ¥6,800-(税別)




  


Posted by Anvil  at 20:00Comments(0)Prime

2009年03月12日

Glock BTCカスタム



某元中尉が所有していたことでも有名な、Bowie Tactical Conceptsのカスタムスライドのレプリカが(東京マルイGlock17対応)入荷いたしました。

BTCカスタムと言えば、フロントセレーションの部分が特徴的ですが、
このセレーション部分を始め、


特徴的なサイト


スライド上部の刻印


を再現しております。

・表面の仕上げは、傷にも強いハードアルマイト仕上げ。
・スライド、アウターバレルはアルミすべて削り出し。

組み込みも、非常に簡単です。
Glockのスライドを一度でも分解された方なら問題無く組み込む事ができます。
但し、スライドノッチのめくれ防止の加工を行っている為、組み込み後フレームにスライドをのせて頂くのにコツが必要です。
詳細は、こちらをご覧ください。

種類は、2タイプをご用意

1、Glock17タイプ



2、Glock22タイプ



どちらも、ベースは東京マルイGlock17 BLKとなります。
参考上代¥22,000-(税別)





  


Posted by Anvil  at 20:05Comments(4)製品情報