スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2014年08月30日

SAI G34 RMRサイト付き

Ace1 Armsよりいま人気のSalient Arms のカスタムスライド
東京マルイ G18C対応
「Glock34 Tier1 RMRドットサイト付きモデル」
が入荷しました。

実物ではTrijicom のRMRサイトがスライドにダイレクトに乗せられる仕様になっており、
究極までドットサイトを低く取り付けることが出来ます。
もちろん、このスライドも同様の仕様になっておりレプリカですがRMRタイプのサイトが付属しております。


今回仕様違いで2種類が同時発売になっております。
「その1
・フルートバレル仕様
バレルにフルートが切ってあるのが特徴のタイプ
「Black」


「FDE」



「その2
・スタンダードバレル仕様
標準的なバレルの形状です。
「Black」


「FDE」



スライドのデザインは、写真を比較して頂ければ分かる通り、同じものではなく違うデザインを採用しております。
(左側 フルート仕様/右側 スタンダード仕様)


フルート仕様

スタンダード仕様


G34は、ベースとなるG18cより長くなるので長いアウターバレルに対応したインナーバレルも付属。

その他、スプリングガイドとテンションの異なるリコイルスプリングガイド、そしてフロント/リアサイトも付属しております。
エキストラクターは別体仕様になっております。

そう、忘れてはならないのがこのパーツ。

対応がG18Cとなっているのですが、よくよくスライドをみて頂ければ分かると思いますが、セレクターがありません。
インナーセレクター方式になっており、スライドの内側でセミ/フルを切り替え出来るようになっています。

もちろんスライドは、アルミ削り出しです。

いろいろ付属しているこのカスタムスライド。
お値段は、44,500円(税別)となっております。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 23:26Comments(0)Ace 1 Arms

2014年08月20日

WE MP5K PDW ガスブローバック

WE MP5 ガスブローバックシリーズに新機種が登場しました。
MP5K PDW」です。
この形状は、電動ガンでも東京マルイからも発売されており、お馴染みの機種ですね。


MP5Kのレシーバーに折りたたみ式のストックを取り付け、


大型の通称PDWタイプと呼ばれるフラシュバイダーとフォアグリップと一体となったハンドガードを装備したモデルとなります。


その他は、基本的に従来のMP5シリーズと同じで、

・スティール製のアッパーレシーバー。


・ハンドガードを外せば簡単に調整できる可変式ホップアップシステム。

・ローティングノズルに優しい、機械式ボルトストップ。
(ローディングノズルの先端を傷めません)

・3点バースト標準搭載

お値段は、¥59,800-(税別)となっております。

ガスブローバックのシーズンで作動も超快調です。
取り回しも良いので、インドアゲームのお供には最適なのではないでしょうか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 22:05Comments(0)WE

2014年08月02日

マルイM870用強化ローディングノズル

東京マルイのM870は非常に使い勝手もよく、メインウエポンとしてサバゲーで使っている方も多いと思いますが、このM870の不安要素と言えば、ローディングノズル。


弾を噛みこんでしまうと、ローディングノズルの先端が変形してしまい、給弾不良や弾道が安定しない等のトラブルの元となってしまいます。

このパーツは純正の補修パーツとしての設定が無いのです。
なので、破損した場合でも、修理かメカボックスアッセンでの購入しか無いので、メンテナンス出来る方やメーカー修理に出せない程にカスタムしてしまった方にとっては厄介な部分ではありました。

そこで、その不便さを解消すべくNebulaより、このローディングノズルのカスタムパーツが発売されました。

樹脂製とアルミ製の2種類あります。

樹脂製

価格がお手軽価格となっているので変形した場合でも気軽に交換できます。
但し、強度面では純正より高いものの樹脂である以上は純正と同様に変形の可能性は有ります。
お値段は、2,800円(税別)です。

アルミ製」7075削り出し

強度の面を優先させるため、零戦で使用されていたことでも有名な 「超々ジュラルミン(7075)」を贅沢に使用しております。
お値段は、12,600円(税別)です。

どちらがオススメですか?と聞かれると困ってしまうのですが、
「どちらも、オススメです」
使い方や、メンテナンス時の手間、お財布の状況等にあわせて、お選び頂ければ良いのではないでしょうか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 21:14Comments(0)NeBula