2010年01月13日

TROY M7A1(Prime WAM4)

新年1発目の新商品が入荷いたしました。



それは、「WA M4対応 TROY M7A1コンバージョンキット」です。

TROY M7A1は、日本では電動ガンの完成品として有名ですが、実銃の世界では自分の手持ちの銃を気軽にコンバージョンする為のキットとして発売されています。
その為、煩雑な登録手続きの必要となるロアレシーバーが付属しておりません。

(実物セット内容は、こんな感じ)

パーツとして発売されている為か、M7A1の実銃の写真を探しても殆ど見つかることがありません
(TROYが組み込み例としてHPに掲載している位ではないでしょうか?)
セット内容をみてもわかるように、一見しただけではこれぞM7A1って箇所が無いからかもしれません。

しかし、そんなM7A1にもちゃんと特徴はあります。

ハンドガードの部分をよーく見ると、独特の形状見えてきませんか?

レイルハンドガードの先端部分(銃口側)の加工方法が違うのです。

上がM7A1用のMRF。
下がTROYが通常販売しいるMRF-C。

MRF-Cは、先端の部分が一段落としてあるのですが、M7A1用のMRFは一段落とすことなくそのまま切り落としてあります。

もちろん、この部分をPrimeのM7A1コンバージョンキットは再現しております。

今回のPrimeが発売しました、M7A1のキットは実銃と同じセット内容ではありません。

こだわって実銃のようなセット内容にしても良かったのですが、使わないパーツが出てきてしまったり、必要なパーツが手に入らなかったりしてしまいます。
なので、実用重視で必要なパーツでセットを組みました。

先程も説明いたしましたが、M7A1にはなくてはならないM7専用のMRF


分解方法も実物と同様の3ピース構造

(写真はMRF-Cですが、付属のハンドガードも同じ構造になっています)

レイルハンドガードの隙間からちらっと見える、バレルやガスブロックも手を抜きません
・7.5インチのDeplomat ステンレスアウターバレル(削り出し)
・ステンレスガスブロック
・ガスチューブ


CNC削り出しのリアルサイズレシーバー
(ロアレシーバー単体での発売はしておりませんので、実銃とは違い必須品です)



M7A1を組むのに最低限必要な物を組み合わせております。

後は、実銃通りに組んだり、今のスタイルに併せてカスタムしたりお客様のお好みに併せて、自分のM7A1を組み上げて下さい。

好評発売中です。

Prime WAM4-025 「M7A1コンバージョンキット」 ¥117,000-(税別)

お求めは、お近くの小売店様まで。  


Posted by Anvil  at 21:00Comments(0)Prime