2018年04月19日

東京マルイ USP9用のバレルその2

さて、DETONATORからもう一つバレルが入ってきております。

何も語らなくとも分かっているかもしれませんが、
USP9の普通のアウターバレルです。

カスタムの第一段階として、アウターバレルを交換される方も多いと思います。

質感や見た目が変わり、純正よりもよりリアルになります。


アルミ削り出しとなっており、作動面でも影響を与えません。

シリアルは、純正に準じております。

サイレンサーバレルと同様、組み込みは簡単です。
スライドストップを抜いて、スプリングガイドを外して、アウターバレをスライドから取り出して、アウターバレルからホップチャンバーユニットを取り出して、DETONATORのバレルに抜いたホップチャンバーユニットを入れて、外したパーツをスライドに戻せば完成♪

お値段は、 6,900円(税別)です。

お手軽カスタムで、満足度も上がるパーツ交換。カスタムの第一段階としていかがでしょうか。

好評発売中です。
お求めはお近くの小売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:25Comments(0)Detonator

2018年04月18日

東京マルイ UPS9のバレル

DETONATORのアウターバレルシリーズに新商品が加わりました。

そう「USP9」対応のアウターバレルです。
そして、サイレンサー対応バレルです。

今回は、H&K純正仕様をモデルアップしております。


作動性を考えて、アウターバレルはアルミ削り出し。
スティール製ネジカバーも付属。

14mm正ネジ仕様

組み込みは簡単。
スライドストップを抜いて、アウターバレをスライドから取り出して、アウターバレルからホップチャンバーユニットを取り出して、DETONATORのバレルに抜いたホップチャンバーユニットを入れて、スライドに戻せば完成♪

サイレンサーは、ライフル用の重量のあるものより、軽い物の方がオススメです。
(重たいサイレンサーを付けてしまうと、動きが悪くなる原因となります)

お値段は、7,700円(税別)となっております。

ちなみに、実銃のUSPではH&Kとしての設定で、東京マルイのフレームを使用している時代の仕様では(ちょっと前のタイプなのです)では、タクティカル仕様(スライドにTACTICALの刻印がある本体)がありませんでした。
※現行仕様では9mmのタクティカル仕様は存在しているのですが、この時は40S&W仕様しかありませんでせした
※9mm仕様のサイレンサー対応のバレルの別売はありました。

東京マルイのフレームでサイレンサー仕様を再現したい場合は、このバレルが必須アイテムですよ。

好評発売中です
お求めは、お近くの販売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English



  


Posted by Anvil  at 19:25Comments(0)Detonator

2018年04月03日

SIGP226のバレル

DETONATORより、今まで無かったのねって物が登場しました。

それは、東京マルイ SIGP226対応の「普通の形状」のアウターバレルです。



作動性を重視して、アルミ削り出しです。

カラーバリエーションは、BlackとSilverの2種類。
Black Ver.の色は、実物と同様にスライドとは違う色合いになっています。


組み込みは簡単で、工具もいらず純正パーツと交換するだけ。

お値段はどちらも、6,900円(税別)となっております。

なにか雰囲気を変えいたいなーって思ったときにはオススメのパーツですよ。

好評発売中です。
お求めはお近くの販売店まで

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 19:17Comments(0)Detonator

2018年03月07日

マルイのUSPのスライドが出ました。

さて、1月の後半に発売された東京マルイのUSP。
想像以上に作動性が良かったので、思わず買ってしまった人も多いのではないでしょうか。
その東京マルイのUSPのカスタムスライドが早速DETONATORより発売になりました。

各刻印は実銃の資料ベース再現。

アウターバレルは、作動性を重視しアルミ削り出し。

スライドの内部には、アルミ製のショートリコイルアシスト機構を内蔵。
(純正は樹脂なので、耐久性が格段に向上しました)

スティール製のエキストラクターは可動式で、スライドポジションによってエキストラクターの状態が変わります。(ここらへんは、前作のUSPが Compactと同じですね)


スライドも、もちろんアルミ削り出し。

組み込みは、非常に簡単です。
純正と異なる部分は、スライドに説明書を付属させているので、迷うことはありません。

お値段は、28,800円(税別)
今回は、カラーバリエーションはこの黒のみです。

これは質感も満足度も確実に上がるので、USPユーザーにはオススメしたい一品です。

好評発売中です。
お求めは、お近くの販売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 23:56Comments(0)Detonator

2018年02月22日

SIG P226用のSilencerCoバレル。

DETONATORのサイレンサー対応バレルに新機種が登場しました。
東京マルイP226シリーズ対応のSilencerCoタイプです。

SilencerCoシリーズの中でも注目度の高いSIGP226用のバレル。
このバレルを待ちわびていた方もいるのではないでしょうか。

従来のSilencerCoバレルシリーズに準拠した形ではありますが、
SilencerCoの文字を入れるためにチャンバーの角を落としたデザイン。


SilencerCo独特のデザインのネジカバーが付属。


材質は、作動性を考えてアルミ削り出し。
組み込みは、純正バレルと入れ替えるだけなので、とっても簡単。

14mm正ネジ仕様。

スライドと組み合わせると、SilencerCoバレルのデザインの良さが出てきますね。


お値段は、8,000円(税別)となっております。

好評発売中です。
お求めは、お近くの販売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:17Comments(0)Detonator

2018年01月24日

UMAREX VP9のカスタムサイト

UMAREX VP9の対応パーツが続々と発売されていますが、
DETONATORのカスタムサイトが発売になりました。


今回は、【Meprolight Tru Dot】をモデルアップしました。
H&Kでは、サイレンサーを取り付けられるTactical系の銃には組み込まれており、HK45等でもお馴染みのサイトとなります。
(H&K VP9 Tactical のカスタムスライドは、好評発売中です。詳細はこちらから)

DETONATORでは定番の仕様ですが、
・スティール削り出し
・各種刻印を再現
・蓄光機能あり
となっております。


組み込みは簡単で、
・リアサイト
1,サイトを固定しているネジを外す。
2,純正サイトを外す。
3,カスタムサイトをのせる。
4,ネジを締め込む
・フロントサイト
1,スライドの裏側のネジを外す
2,左右どちらでも構いませんので、スライドさせて抜く。
3,カスタムサイトをはめる
4,スライドの裏側からサイトのネジをしめこむ
となります。

お値段は、 8,200円(税別)となります。

ちょっとしたパーツ交換ですが、雰囲気が変わると思いますよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:13Comments(0)Detonator

2018年01月23日

UMAREX VP9のネジ無しバレル


UMAREX VP9の純正の本体でこの部分が満足していない人はいるのではないでしょうか?
そう、バレルの先端です。

UMAREX VP9は、先端にサイレンサーアダプターが取り付けられるように、内ネジが切ってあります。
手軽にサイレンサーが取り付けられる反面、正面から見た時にライフリングが切って無く、サイレンサーを付けない人にとっては、ちょっと引っかかるポイントだったと思います。
そこでDETONATORでは、ライフリングを切った純正形状のアウターバレルを制作しました。

仕様としては、アルミ削り出しなどキットに付属している物と一緒なのですが、
シリアルのみUMAREXの初期リアル刻印Ver.に合わせてあります。

組み込みは、純正と交換するだけなので簡単です。

お値段は7,700円(税別)となっております。

何気ないカスタムですが、きっと満足度が上がると思いますよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:10Comments(0)Detonator

2018年01月18日

HK-08タイプサイトセットはUSPにも使えます。


遂に、東京マルイのUSPが発売になりましたが、
DETONATORのUSP Compact用の
「Trijicon HK-08」タイプのサイトはUSPにも対応しております。
<組み込み例>

マルイさんの説明書上では、パーツナンバーが異なり、ベース部分の形状が実際に異なっていますが、
DETONATOR では、どちらにも対応出来る形状になっています。

交換手順は USPCompactと一緒で、
リアサイトは、ネジを外すだけ。
フロントサイトは、弾性で止まっているだけなので、ちょっと硬いですが溝に沿って叩いてあげれば簡単に取り外すことが出来ます。

お値段は7,700円(税別)

カスタムの第一歩として、サイトの交換はいかがでしょうか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:01Comments(0)Detonator

2018年01月17日

H&K VP40(カスタムスライド)


さて先日、ご紹介しましたUMAREX VP9のカスタムスライド。
VP9だけではなくて、40S&Wを使うVP40もモデルアップしております。

ただの口径違いだけじゃないの?と思われるかもしれませんが、
このスライドをモデルアップするにあたって、実銃資料を調べていると、
実はH&KのVP40はスライドの形状が違うことが判明したのです。

一番の特徴はスライドの上部厚さが異なります。
VP9はスライドの天井に向かって絞ってあるのですが、VP40はそのまま立ち上がっています。

コッキングピースの形状も異なります。
そのためにVP40専用形状のコッキングピースを付属させています。


アウターバレルは、9mmよりちょっと大きな40S&Wの銃口を再現しています。


製品としての仕様はVP9と同様で、
アルミ削り出しでシャープな形状をリアルに再現

スライドの動きと連動するエキストラクター

実銃に即したシリアルナンバー

スライドと同じシリアルのステンレス製のシリアルプレート

ちなみに、表面と裏面で表面の仕上げが異なります。
光沢とマットの仕上げになっています。
どちらも実銃に則した仕上げなので、お好みのほうを選んで下さい。

お値段は、33,000円(税別)となっております。

VP9とは見た目の違うVP40。人とは違うものをお探しの方にはお薦めですよ。

好評発売中です。
商品のお求めは、お近くの小売店様まで。  


Posted by Anvil  at 20:10Comments(0)Detonator

2018年01月15日

UMAREX VP9のカスタムスライド



DETONATORより、新しい機種のカスタムスライドが登場しました。
それは、UMAREXから発売されてるH&K VP9のカスタムスライドです。
あれ?あのVP9って ライセンス商品だからリアル刻印リアル形状じゃないの?って思うかもしれませんが、
実は製造時期によって、刻印の内容が違ったり、シリアルナンバーが抜けてたりするのです。

DETONATORでは、実銃の資料を元にして検証を行い、よりリアルなVP9になるように作製いたしました。

アルミ削り出しで、シャープな仕上がりはいつものことですが、

スライドの動きに連動するスティール製のエキストラクター

アウターバレルの先端の内ネジを無くし、ライフリングを再現。

シリアルナンバーは実銃に基づいて設定しております。

ステンレス製のシリアルナンバープレートが付属。

シリアルナンバーは、UMAREX純正品と異なるため付属させています。
ちなみに、表面と裏面で表面の仕上げが異なります。
光沢とマットの仕上げになっています。
どちらも実銃に則した仕上げなので、お好みのほうを選んで下さい。

スライドは、3種類あり、
オーソドックスな形状のVP9


サイレンサー対応アウターバレルが付属したVP9 Tactical


ドイツ ベルリン警察にも採用が決まったヨーロッパ仕様のVP9「SFP9



お値段は、
VP9 STD ¥31,000-
VP9 Tactical ¥33,000-
SFP9 ¥31,000-
となります。

純正の状態に満足出来ない方々にはお勧めの一品ですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:02Comments(0)Detonator

2017年09月27日

Glockの背の高いサイト

そいえば、このタイプのサイトってこんなにバレル出しているのになかったの?
って言われそうですが、今回ご紹介するのはサイレンサー対応のGlock用のハイサイトです。


DETONATORでモデルアップしたのは、ハイサイトでは代表的な形となるTrijiconタイプです。


近年は、RMR等のドットサイトをスライドに載せることも多くなっており、その際はこのサイトをバックアップサイトとして、使用する組合せを見るようになりました。

※実銃写真

仕様は、前後共にTrijiconタイプのドットとなった GL-201を作製。
ドットの蓄光部分は、お馴染みの仕様になっており、ライトなどで強い光を当てる事により闇夜の中でも一定時間光ります。

材質は、実銃同様スティール削り出し。
刻印も、リアル刻印仕様となっています。

対応は、東京マルイGlock17/18C/22/26/34となります。
ベース部分を別パーツとしているので、各種Glockに対応します

(左-G18C用 右-G17/22/26/34用)

お値段は、8,500円(税別)となっております。

サイト単体として、使ってもよし、RMR系のサイトをのせるスライドを組合せてもよし。
いろいろ、使い勝手はあるサイトだと思います。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:23Comments(0)Detonator

2017年03月15日

DETONATORのKSC用のカスタムサイト



最近KSCさんが、Glockシリーズをヘビーウエイト化して続々と発売されていますが、
DETONATORにもKSC Glockシリーズに対応したパーツがあります。

それは、DETONATORでは定番のカスタムサイトです。
Trijiconタイプのドットは、お馴染みの蓄光仕様になっており、ライトなどで強い光を当てる事により闇夜の中でも一定時間光ります。

Trijicon NOVAK GL-11タイプ
1911等ではお馴染みのNOVAKの形状で、純正とは形状が大きく異なるのでカスタム感の出るタイプです。





Trijicon GL-01タイプ
純正形状ですが、Trijiconが追加された仕様です。
ちらっとみえるTrijiconの刻印が純正との違いをアピールしています。




どちらも、材質はスティール製
(勿論削り出し)

対応は、KSC Glockシリーズとなりますが、G23Fのみフロントサイトが使用できません
(G23Fのみハイブリット仕様になっているのでサイト形状が異なります)

お値段は、7,500円(税別) となっております。

組込み簡単で、サイト下のネジを外せば簡単に交換できます。
お手元にあるKSC Glockをお手軽カスタムしてみませんが?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English



  


Posted by Anvil  at 21:00Comments(0)Detonator

2017年03月09日

1911のEFKバレル

DETONATORで続いていた、ポーデットバレルシリーズ。

本命?これを待っていた人もいるかもしれません。
遂に1911対応のバレルが登場しました。

東京マルイ M1911シリーズ対応となります。
(もうちょと、詳しく書くとブッシングを使うM1911スライドであれば対応しています)

今回も、カスタムパーツメーカーとして有名な
EFK Fire Dragon社のバレルを再現しました。



これを組み込んだ姿は、
あのフルオートの出来る1911になんとなく似ている気がします。


トップの部分には、インジケーターカットがあったりして現代のカスタムバレルになっていますね。


色は、シルバーとブラックの2種類


シルバーの仕上げは光沢のある感じに仕上がっています。

材質は、作動性を優先させた軽量なアルミ削り出し製。

組込みは、簡単です。
1、スライドストップを抜いて
2、スライドを外します。
3,バレルブッシング、プラグを外し、
4,バレルを引き抜きます
5、バレルからホップチャンバーユニット抜き
6、EFKバレルにホップチャンバーユニットを移し替えれば
終了。
この後は、分解と逆の手順で戻していけばOKです。

加工も工具も必要ないので簡単です。
飛んで行くような、小さなパーツもありませんので、その日の気分でその場でも取替ができます。

お値段は、どちらも7,700円(税別)となっております。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:10Comments(0)Detonator

2017年02月04日

ポーデッドバレルM9編

ポーテッドバレルシリーズに新機種が登場しました。
Glock用は以前ご紹介致しましたが、
今回は東京マルイ 新型M9シリーズ対応です。

今回も、カスタムパーツメーカーとして有名な
EFK Fire Dragon社のバレルを再現しました。


このポーテッドの出方がM93Rの様な雰囲気を出していますね。


組んでしまうと見えなくなてしまうのですが、
バレル側面の刻印もキッチと再現しました。


バリエーションは、
ブラックシルバーの2種類。

対応は、東京マルイ新型M9シリーズ
(旧型のM92FSシリーズには対応しません)

材質は、作動性を重視したアルミ製。
削り出しなので、組込みも簡単です。
組込みは、純正バレルを外してこのバレルに組み替えるだけ。
難しい手順はありません。

お値段は、どちらの色も¥7,700-(税別)となっております。

ちょっと長くて、穴の空いたこのバレル。
バイオハザードシリーズのM9に組み込むのと、良い雰囲気が出る気がしますね。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 15:20Comments(0)Detonator

2016年11月25日

Glock34のネジ付きアウターバレル

DETONATORのアウターバレルにシリーズにまたまた新商品です。
Glock34に対応したサイレンサー対応のアウターバレルです。


実銃の世界でもGlock34用のサイレンサー対応アウターバレルは珍しいのですが、
チャンバーのカットが独特な「SilencerCo」をモデルアップ。

なので、先端のネジカバーもSilencerCo独自形状を再現。


こう並べるとG17より長いのが良くわかりますね。


先端のネジは、14mm正ネジ仕様となっています。

作動性を重視した、アルミ削り出し。

組込みは、簡単。
難しい箇所は、ありません。
1,テイクダウンする。
2,アウターバレルアッセンをスライドから抜く。
3,インナーバレルアッセンをアウターバレルから抜く。
4,インナーバレルアッセンをSilencerCoタイプのアウターバレルに入れ替える。
5、ネジカバーが付いたままなら、外します。
6、スライドにSilencerCoタイプのアウターバレルアッセンを入れる。
7,ネジカバーを取り付ける
8,スライドとフレームを組み合わせる
以上完了です。
8項目もあるって思うかもしれませんが、作業としては実質5分ぐらいで完了します。
必要な工具も、スキルもありません。


サイレンサーは、軽い物がオススメです。
ライフル用などの重たいものは、ブローバックしなくなる原因でもありますのでご注意下さい。

お値段は、¥8,000-(税別)となっております。

雰囲気を楽しむのも良し。サイレンサーをバレルジャケットとしてインナーバレルを延長する為に使ってもよし。
使い方はいろいろあるのではないでしょうか?


好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 21:10Comments(0)Detonator

2016年11月08日

EFKのG17ポーデットバレル

DETONATORアウターバレルシリーズに、新機軸商品が入荷いたしました!
アウターバレルに新機軸って何があるのかと思うかもしれません。
先端に穴の空いたバレル。(銃口のことじゃないですよ)
これを見て、心踊る人は、絶対いるはずです。
こいつは、そう「ポーデットバレル」です。


カスタムパーツメーカーとして有名なEFK Fire Dragon社のポーデッドバレルをモデルアップしました。チャンバー部分からのぞく、このロゴが特徴ですね。


組み込むと、バレルがスライドからニョキっと飛び出してきます。
これが、ポーテッドバレルの良いところですよね。


バラーバリエーションとして、
Blackと


Silver


の2色あります。
Silverは光沢のあるタイプなので、一段と存在感が強いですね。


東京マルイ G17/G18/ガスブローバックに対応。
(G17サイズのGlockに対応してるので、口径さえ気にしなければG22にも使用可能ってことです)

材質は、作動性を重視したアルミ製。
削り出しなので、組込みも簡単です。

お値段は、どちらの色も¥7,700-(税別)となっております。

ちょっと長くて、穴の空いたこのバレル。こいつを組むだけで、いつものGlockの雰囲気が変わりますよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:00Comments(0)Detonator

2016年09月14日

Glock26のサイレンサー対応アウターバレル

DETONATORのGlock26サイレンサー対応アウターバレルのご紹介です。

SilencerCoタイプとなります
Glock26対応のサイレンサー対応アウターバレルはあまりありませんよね。
このアウターG26のBTCスライドと組み合わせると、かっこよさが倍増する気がします。
先端のネジの仕様は14mm正ネジとなっております。
アルミ削り出しなので、作動性には影響を与えません。




お値段は、8,000円(税別)です。

リニューアルした新仕様のGlock26のカスタムスライドも入荷しております。


純正形状と(詳細は、こちらから)



B.T.C.カスタムの(詳細は、こちらから)

2種類があります。
あわせていかがでしょうか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:12Comments(0)Detonator

2016年08月25日

BTCスライド、リニューアルして再登場

ながらく再生産が無く欠品していました、DETONATORのGlock17 B.T.C.スライド
この度、リニューアルして2016年Ver.として再登場しました。


このスライドは以前の物は違い、
エキストラクターを可動式に(DETONATORのスライドシリーズではお馴染みですが)


スライドストップノッチはスティール製の別バーツを入れることにより強化!


エキストラクターは実物通り、2ピース構造を再現。


そして、付属のサイトはスティール製のTrijiconタイプに変更されました。
(フロントサイトも同様です)


DETONATORのGlockシリーズでは、唯一のHYBRIDスライドです。


ちょっと変わったタイプのスライドをお探しでしたら、オススメですよ。

カラーバリエーションは、
ブラックと

シルバーの2種類となっております。

もちろん、削り出しなので組込みも簡単。
組込みの解説書も付属しております

気になるお値段は、
¥29,800-(税別)
となっております。

付属品等の商品の詳細は下記URLをご参照下さい。
Glock17 B.T.C. Hybrid (2016年Version)カスタムスライド

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:11Comments(0)Detonator

2016年07月09日

SilencerCoのネジ付きアウターバレル

DETONATORのGlock用のサイレンサー対応のネジ付きアウターバレルといえば、LONE WOLFタイプしかありませんでしたが、新形状が入荷しました。


あの角張ったOspreyサイレンサーで有名な、SilencerCoが作製しているサイレンサー対応のアウターバレルを再現しました。

あの斬新なデザインをしているメーカーさんので、このバレルも他社とは違ったデザインのアウターバレルになっています。

まずは、このチャンバー部分の形状。
側面を斜めにカットしており、この部分にはメーカー名が入れられています。



そして、DETONATORのアウターバレルシリーズでは、お馴染みのネジカバー。
このSilencerCoの独自形状をしっかりと再現しました。


先端のネジは、14mm正ネジ仕様。

アルミ削り出し。組込みも簡単です。

お値段は、8,000円(税別)

今までの形状から脱却したい方におすすめですよ。


好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。
Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:10Comments(2)Detonator

2015年10月15日

そういえば、こっちもリニューアルしました。USP.45

ちょっと前にご紹介しました、KSC USP Compactのカスタムスライドのリニューアル仕様をご紹介いたしましたが、
KSC USP.45(System7)のカスタムスライドもリニューアルしております。

外観デザインは、そのままに
内部を現行仕様にしました。
各仕様は、DETONATORのスライドではお馴染みですが、


エキストラクターの材質を変更。
旧製品は、アルミ製でしたが、今回はスティール製となりました。


スライドでスライドストップを直接受けないようにするために、
スライドストップノッチには、スティール製のプレートをはめ込む様になっています。


スライドポジションに合わせた動く、エキストラクター。
スライド閉鎖時は、カートが入っていることを示すように、外側に出っ張ります。
スライドオープン時は、カートが排莢されていますので、スライドと面一になります。

組込みは、旧製品同様簡単です。
(一度でも、純正スライドを分解組み立て出来る方なら問題なく、組み上げる事ができます)
付属のパーツの使い方については、付属の説明書に記載しております。

カラーバリエーションは、
Blackと


Silverの2種類。



刻印も、旧製品同様リアル刻印仕様となっています。




お値段は、BK/SV共に¥ 33,800-(税別)となっております。
尚、対応はSystem7のみとなっており、旧型となる05ハードキック以前の製品には使用できません。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:02Comments(0)Detonator