2017年08月23日

SCAR用の便利アダプター

AngryGunよりSCARに対応したちょっとしたパーツが発売になりました。

SCARは、純正のパーツ状態ではQDスリングスイベルを取り付けることが出来ず、QDスリングスイベルを愛用されている方にはちょっと不便な状態でした。
そこで、使い勝手の良い場所に、簡単にQDポイントを設置できるパーツがAngrygunより発売になりました。

取り付けは簡単で、アッパーレシーバーの後方のネジを交換するだけです。

対応も、東京マルイ次世代とWE AirsoftのSCAR電動ガン、ガスブローバック問わずお使いいただけます。

お値段は、3,500円(税別)となっております。

SCARの使い勝手がよくなるパーツですので、SCARユーザー様にはお勧めの一品ですよ。

好評発売中です。
商品のお求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 21:01Comments(0)Angrygun

2017年08月21日

Prime Salient Arms Tier One Utilityスライド

SAIといえば、穴の空いたタクティカルなイメージが有ると思いますが、
今年のショットショーで、ちょっと今までのイメージとは異なる新しいモデルが発売されました。
「Tier One Utility」です。
このスライドをPrimeがモデルアップしました。


このスライドは、「Knurled Surface」と呼ばれる切子細工の様なセレーションを持っておりスライド上部にもチェッカーが施されております。


側面は、ポリッシュしてされており、穴あけ加工も無く非常にシンプルなデザインとなっています。

ロゴも側面の後部に一箇所と控えめな感じに配置されております。

サイトは、SAIオリジナルのタイプが付属


アウターバレルは金色のボックスフルートバレル仕様となっております。

バリエーションは、
東京マルイGlock17/22対応と

KJ Glock19対応の2種類あります


お値段は、どちらのスライドも38,200円(税別)となっております。

従来のSAIといはイメージの異なる落ち着いたイメージのスライドとして仕上がっています。
人と違ったイメージのスライドをお探しの方にはお薦めですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:00Comments(0)

2017年06月03日

P99の小さい子が登場



P99といえば、ワルサー社が作ったロングセラーハンドガンですが、このコンパクト版がWE Airsoft よりガスブローバックで発売になりました。
フルサイズの方は、少し前に発売になっており、ビシバシ動く事で有名ですが、
このコンパクト版もフルサイズ版に負けず劣らずビシバシ動きます。
スライドの大きさ限界まで広げられた、ローディングノズルが作動のポイントの様です。

機能としては、フルサイズ版と変わりませんが、

コッキングインジケーターを再現
コッキングした状態では赤いピンが出てきます。

デコッキング機能を再現
スライド上部のボタンを押すとハンマーダウンします。

エキストラクターは別パーツで再現

そして、コンパクト独自の機能としては、

アンダーレールが、20mm仕様になっています。
(この辺りが、実銃のフルサイズ版とコンパクト版の作られた時代の差が感じられますね)

オプションパーツとしては、
バレルには標準で内ネジが切ってありますので、

WE純正のサイレンサーアダプターや

(14mm 逆ネジ仕様 ¥600-(税別))
ハンドガンサイレンサーがそのまま取り付けが可能となっています。

(長さ 100mm アルミ製 ¥5,000-(税別))

お値段は、¥13,800-(税別)となっております。
(フルサイズと同じ値段となります)

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 21:11Comments(0)WE

2017年04月24日

VLTORタイプSCAR GEN2ストックアダプター



Angrygunから発売されております、
VLTORタイプSCAR GEN2ストックアダプター

東京マルイ次世代SCAR対応の物が
SCAR-LとSCAR-Hが共用になって入荷いたしました。
(前回の製品は、SCAR-H専用でした。)
仕様は、対応がSCAR-Lにも対応した事以外は、変更ありません。

・ストックチューブの高さが調整可能
光学機器の高さに合わせられます
(※写真はWE用です。)

・6ポジション仕様
・各社のM4系のストックに対応
・両側QDポイントあり
・各種刻印は、リアルに再現


お値段は、14,500円(税別)となっております。

尚、WE SCAR GBBシリーズ対応は¥13,500-(税別)で、こちらも好評発売中です

SCARのストックは、構えにくいなって思っている方にはオススメですよ

商品のお求めはお近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 20:32Comments(0)Angrygun

2017年03月25日

アウターバレルの交換の仕方(Glock編)


DETONATORより、様々なアウターバレル出ていますが、組込みをやったことありますでしょうか?
カスタムはちょっと自信ない。。。って方もおられると思います。
といっても、カスタムの中でもバレルは組込みとしては非常に簡単ですので、分解をしたことが無いという方でも簡単に出来ますので気軽にやってみて下さい。

<東京マルイ Glockシリーズ共用>
バレルの分解組み立ては、G26/G17/G18C/G22/G34各機種ともに、パーツの形状は異なりますが、同一手順となります。

「準備」
・工具は必要ありません。
・分解した際に、消えてなくなるようなパーツはありません。
パーツ紛失恐怖症の方々でも、安心して分解できます。

①スライドのロックを引き下げたまま、スライドを引きます。
これでスライドとフレームが分かれます。

②スプリングガイドを外し

③アウターバレルをスライドから外します

④アウターバレルからホップチャンバーユニットを抜きます。
この時、プラスチックの弾性でチャンバー部分は止まっていますので、軽くねじりながら取り外して下さい。

これで、分解は終わりです。
ここから、組み込んで行きますのが、基本的には分解した手順の反対の順番で組んでいくこととなります。

⑤アウターバレルとチャンバーと組合せます。
チャンバー部分を抜いた時のように、少しねじりながらはめ込みます。
この時、奥まで入らない場合は、銃口を覗いてみて下さい。
インナーバレルを保持する段があります。
そこにインナーバレルが引っかかってしまっている場合がありますので、穴とインナーバレルを合わせながら、差し込んで下さい。

⑥スライドにアウターバレルを組込みます。
この時、組み込むバレルがサイレンサー対応であれば、先端のネジカバーを外してから組み込んで下さい。(再確認です。)

⑦スプリングガイドを組み込んで下さい。

⑧スライドとフレームを合わせて、スライドを一度引き下げれば、終わりです。


DETONATOR製品を東京マルイ純正に組み込む場合は、基本的には特にする事はありません。
ちょっと、動きが渋い様に感じられる場合は、スライドを引き下げて離す動きを繰り返ししてあげて下さい。
これで干渉している部分が、削れてスムーズに動くようになります。
潤滑剤を使う場合は、こちらの動画を参考にして下さい。


この部分に、ギア用のグリスを使われる方がたまにおられますが、粘度高い(ドロドロしていない感じ)物を使われると逆に作動を落としてしまいますので、この動画で紹介しているPULS(パルス)の様な液体性潤滑剤(テフロン系、シリコン系等)がオススメです。

ここでは、ちょっと詳しく書いるので、ちょっとめんどくさい様に感じるかもしれませんが、慎重にやっても作業時間は10分あれば出来ます。
気軽にやってみてくださいね。

DETONATORのアウターバレルシリーズが気になった方は、
こちらへどーぞ。


Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:07Comments(0)分解組み立て

2017年03月24日

東京マルイKSG用のスリングアダプター



KSGのお使いのユーザーさんで、スリングが程よいポイントに付けられなくてお困りになっていませんか?
この問題を解決すべく、WII TECHが東京マルイKSGに対応したスリングアダプターを作っています。それが、「KNSタイプQDスリングアダプターテイクダンピン」です。


このアダプターは、純正パーツNo.82 フレームピンと交換して取り付ける物です。
このピンは、2箇所とも同じ物が使用されており、ストック側と、グリップの後方側のどちらにも組み込むことが出来ます。


ODポイントは、各社のQDスリングスイベルに対応しており、MAGPULのMS4を使うことも出来ます。

材質は、強度を考えて実物と同じくスティール製

組込みは、純正のピンを抜いて、このピンと入れ替えるだけ。
(QOポイントを固定する為に、六角レンチ(2mm)が1本だけ必要となります。)

お値段は3,200円(税別)

サバイバールゲームでKSGをお使いのユーザー様にはお勧めのアイテムですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:18Comments(0)WII TECH

2017年03月23日

KSC Beretta93Rのカスタムスライド

前回は、Beretta93Rのアウターバレルをご紹介しましたが、
実は、KSC Beretta93R用のカスタムスライドがあるのです。


その昔、KSC M4用のMUR-1のアッパレシーバーを作製していた「H-GUN」より発売されています。

勿論、リアル刻印仕様です。


全てアルミ製ですが、
アウターバレル、リアサイト、エキストラクターが付属しいます。
(フロントサイトは、実銃通り一体になっています)

そして、製法はCNC削り出し

対応は KSC Beretta93R システム7専用です。
(システム7以外のハードキックVer.等の本体には使用できませんのでご注意下さい)

お値段は、43,800(税別)となっております。

好評発売中です。
商品のお求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:16Comments(0)H-GUN

2017年03月22日

KSC 93Rのアウターバレル

KSCの93Rと言えば、フルオートの出来るハンドガンとしては定番の製品ですが、
この、KSCのBeretta93Rに対応したカスタムパーツがRobineHood Tacticalより発売になっています。

そう、カスタムの定番アイテムアウターバレルです。
材質は、スティール製。
純正は樹脂製ですので、組み込むだけでリアルな質感や重量が一気に増します。

削り出しですので、先端のポートもシャープに作られています。


対応は KSC Beretta93R システム7専用
(システム7以外のハードキックVer.等の本体には使用できませんのでご注意下さい)

お値段は、11,200円(税別)となっております。

本体にちょっと、物足りなさを感じている方にはお薦めですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:02Comments(0)RobinHood Tactical

2017年03月21日

G42のカスタムスライド

Hogwards G42と言えばG26よりも更にコンパクトなGlockとして人気のある機種ですが、
Bomber AirsoftからこのG42に対応したカスタムスライドが発売になりました。


それは、Glockのカスタムスライドでは根強い人気のある
Salient ArmsのTier1をモデルアップしました。
形状は純正とは口径違いのモデルのGlock43となっております。


アウターバレルも、G43なので9mm刻印をきっちり再現しております。


前後サイトも付属しており、こちらはTrijicon刻印入り(蓄光機能はありません)


アルミ削り出し。

お値段は、26,000円(税別)

お手持ちのGlock42のイメージチェンジしてみませんか?
好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 21:03Comments(0)Bomber Airsoft

2017年03月17日

デザートイーグルのピカピカのパーツ

こんなパーツいかがですか?

東京マルイ デザートイーグル対応の外装パーツセットです。

どんなパーツ内容かと言いいますと、
・ハンマー(ステンレス削り出し)

・トリガー(ステンレス削り出し)

・スライドストップ(ステンレス削り出し)

・セフティレバー(ステンレス削り出し)

・バレルロック(ステンレス削り出し)

・バレルロックストッパー(ステンレス削り出し)
・マガジンキャッチボタン(ステンレス削り出し)
・マガジンキャッチ(ステンレス削り出し)
・スライドストップシャフト(ステンレス削り出し)

そう、リア/フロントサイト以外全部セットとなります。

そして、仕上げはピカピカに磨かれたのポリッシュ仕上げ

メッキとは違った、ステンレス独特の質感があります。

対応は、東京マルイ デザートイーグル(ガスブローバック)となります。
(2003年7月以前に作られていた、旧型の仕様には対応しませんのでご注意下さい)

お値段は、62,000円(税別)。
ちょっと、お値段がって思うかもしれませんが、このセット内容であればむしろお得な気もしますね。

ちなみに、このメーカーさんがなぜこのパーツを作ったかを知りたい方は
こちらをご参照下さい。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:40Comments(0)RobinHood Tactical

2017年03月15日

DETONATORのKSC用のカスタムサイト



最近KSCさんが、Glockシリーズをヘビーウエイト化して続々と発売されていますが、
DETONATORにもKSC Glockシリーズに対応したパーツがあります。

それは、DETONATORでは定番のカスタムサイトです。
Trijiconタイプのドットは、お馴染みの蓄光仕様になっており、ライトなどで強い光を当てる事により闇夜の中でも一定時間光ります。

Trijicon NOVAK GL-11タイプ
1911等ではお馴染みのNOVAKの形状で、純正とは形状が大きく異なるのでカスタム感の出るタイプです。





Trijicon GL-01タイプ
純正形状ですが、Trijiconが追加された仕様です。
ちらっとみえるTrijiconの刻印が純正との違いをアピールしています。




どちらも、材質はスティール製
(勿論削り出し)

対応は、KSC Glockシリーズとなりますが、G23Fのみフロントサイトが使用できません
(G23Fのみハイブリット仕様になっているのでサイト形状が異なります)

お値段は、7,500円(税別) となっております。

組込み簡単で、サイト下のネジを外せば簡単に交換できます。
お手元にあるKSC Glockをお手軽カスタムしてみませんが?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English



  


Posted by Anvil  at 21:00Comments(0)Detonator

2017年03月14日

CYMA M870の為のフォアエンドレール



Silverbcak からこんな商品でてます。
CYMA M870フォアエンドレールです。
CYMA のM870といえば、3発同時発射の出来る安価なエアコキですが、
レビュー等を見ていると、コッキングがしづらいというコメントがあったりします。
その対策と拡張性アップのためのレールとなります。

規格は、20mmレール仕様
材質は、ポリマー製

組込みは、純正のフォアエンドの下側のネジを外し、付属のネジでレールを挟み込むだけです。


他社のM870系のフォアエンドはメーカー側での検証がされていないのでわかりませんが、フォアエンドのネジ穴がポイントになってくるのではないでしょうか?

お値段は、¥1,300(税別)となっております。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 20:08Comments(0)Silverback

2017年03月14日

ZEROボルトキャリア


様々なメーカーから東京マルイ M4 MWS対応のボルトキャリアが発売されていますが、
GunsModifyからも
「ZERO ボルトキャリア」という名前で発売になりました。

このボルトキャリア、「ZERO」という名前が付いている通りGunsModify独自の改良がくわえられたボルトキャリアとなります。

基本的な部分としては、
①ボルトの変形を防ぐ為に、スティール製ボルトストップノッチを採用
②スティール製コッキングピース
③作動時の抵抗を軽減させるために、この部分のローラーはベアリングローラーになっています。



そして、②の部分にもちらっと書いていますが、
この部分が「ZERO」の基幹システムとなります。
GlockのZEROブリーチシステムをご存知な方なら、ピンっとくるかもしれませんが
ハンマーとボルトキャリアの接触を最低限にして、ボルトキャリアがよりスムーズに動くシステムです。

システムの特徴として
1、作動性の向上
ボルトが後退時のみハンマーと接触し、コックします。
ボルトキャリアが前進する際は、ハンマーと直接当らない構造になっており、ハンマースプリングのテンションがボルトキャリアに伝わりません。
その為、ハンマースプリングのテンションを高いものに交換した場合でも、作動時の抵抗は純正スプリングと殆ど変わりません。

2、耐久性の向上
純正のハンマーはボルトキャリアを直接叩きますが、ゼロボルトキャリアはコッキングピースがハンマーの衝撃を受けることでボルトキャリア本体が変形することを防ぐ構造になりました。

形状・カラーバリーエーションもいろいろとあります。

ブラックのみ


ブルー、レッド、ゴールド、シルバー
4種類あります。

アルミ製なので純正よりも重量30%軽くなっています。
(GunsModify152g 純正218g)

ボルトエンドは、取り外し可能。

お値段ですが、各種ともに19,000円(税別)となっております。

これから、ガスブローバックのシーズンが始まりますが、その前にまずはボルトキャリアからカスタムしてみませんか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 01:53Comments(0)GunsModify

2017年03月10日

次世代M4のリコイルアップ

東京マルイの次世代M4といえば、リコイルがあって楽しい電動ガンですが、
このリコイルを更に増加させるキットがAngrygunより発売になりました。
それがこのヘビーウエイトリコイルアップキットです。


ウエイトの材質をステンレスへ変更しました。

その為、純正よりも52g重量が増加しています。

そして、ステンレス製のスプリンガイドも付属。(純正は樹脂製)

対応は、次世代M4シリーズとHK416Dに対応。

お値段は、13,800円(税別)となっております。

リコイルを楽しむユーザーさんには、オススメの一品ですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:00Comments(0)Angrygun

2017年03月09日

1911のEFKバレル

DETONATORで続いていた、ポーデットバレルシリーズ。

本命?これを待っていた人もいるかもしれません。
遂に1911対応のバレルが登場しました。

東京マルイ M1911シリーズ対応となります。
(もうちょと、詳しく書くとブッシングを使うM1911スライドであれば対応しています)

今回も、カスタムパーツメーカーとして有名な
EFK Fire Dragon社のバレルを再現しました。



これを組み込んだ姿は、
あのフルオートの出来る1911になんとなく似ている気がします。


トップの部分には、インジケーターカットがあったりして現代のカスタムバレルになっていますね。


色は、シルバーとブラックの2種類


シルバーの仕上げは光沢のある感じに仕上がっています。

材質は、作動性を優先させた軽量なアルミ削り出し製。

組込みは、簡単です。
1、スライドストップを抜いて
2、スライドを外します。
3,バレルブッシング、プラグを外し、
4,バレルを引き抜きます
5、バレルからホップチャンバーユニット抜き
6、EFKバレルにホップチャンバーユニットを移し替えれば
終了。
この後は、分解と逆の手順で戻していけばOKです。

加工も工具も必要ないので簡単です。
飛んで行くような、小さなパーツもありませんので、その日の気分でその場でも取替ができます。

お値段は、どちらも7,700円(税別)となっております。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:10Comments(0)Detonator

2017年02月04日

ポーデッドバレルM9編

ポーテッドバレルシリーズに新機種が登場しました。
Glock用は以前ご紹介致しましたが、
今回は東京マルイ 新型M9シリーズ対応です。

今回も、カスタムパーツメーカーとして有名な
EFK Fire Dragon社のバレルを再現しました。


このポーテッドの出方がM93Rの様な雰囲気を出していますね。


組んでしまうと見えなくなてしまうのですが、
バレル側面の刻印もキッチと再現しました。


バリエーションは、
ブラックシルバーの2種類。

対応は、東京マルイ新型M9シリーズ
(旧型のM92FSシリーズには対応しません)

材質は、作動性を重視したアルミ製。
削り出しなので、組込みも簡単です。
組込みは、純正バレルを外してこのバレルに組み替えるだけ。
難しい手順はありません。

お値段は、どちらの色も¥7,700-(税別)となっております。

ちょっと長くて、穴の空いたこのバレル。
バイオハザードシリーズのM9に組み込むのと、良い雰囲気が出る気がしますね。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 15:20Comments(0)Detonator

2016年12月08日

マルイMWSにCQDスリングアダプターを。

スリングと言えば一点保持派という人も多いのではないでしょうか?
この一点保持で必要になってくるのが、スリングスイベル機能の付いたバッファーリングプレートです。
マルイのM4 MWSのバッファーリングプレートは専用サイズのため、従来のガスブローバック用では使えないこともないですが、一工夫が必要でした。

そこで、AngrugunからマルイのMWSに対応した専用のバッファーリングプレートが発売になりました。
スリングスイベル機能の付いたバッファープレートとしてはメジャーな
「CQDタイプのリアスリングマウント」です。


実銃ではMk18などに使われているので、一度は見たことはあるのではないでしょうか?

実銃同様、スティールのプレスで作られており、強度面での問題はありません。
刻印もしっかりと再現されております。


マルイ独自のバッファーリングプレートの回転止め機能も、メーカさんの工夫によりちゃんと付けられています。

スリングスイベルの穴は、両側についており利き手を選びません。

お値段は、¥3,500-(税別)となっております。

Mk18 MOD0を再現するには必須アイテムですし、
サバゲーでガッツリ使う人にもお勧めのアイテムですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:18Comments(0)Angrygun

2016年11月25日

Glock34のネジ付きアウターバレル

DETONATORのアウターバレルにシリーズにまたまた新商品です。
Glock34に対応したサイレンサー対応のアウターバレルです。


実銃の世界でもGlock34用のサイレンサー対応アウターバレルは珍しいのですが、
チャンバーのカットが独特な「SilencerCo」をモデルアップ。

なので、先端のネジカバーもSilencerCo独自形状を再現。


こう並べるとG17より長いのが良くわかりますね。


先端のネジは、14mm正ネジ仕様となっています。

作動性を重視した、アルミ削り出し。

組込みは、簡単。
難しい箇所は、ありません。
1,テイクダウンする。
2,アウターバレルアッセンをスライドから抜く。
3,インナーバレルアッセンをアウターバレルから抜く。
4,インナーバレルアッセンをSilencerCoタイプのアウターバレルに入れ替える。
5、ネジカバーが付いたままなら、外します。
6、スライドにSilencerCoタイプのアウターバレルアッセンを入れる。
7,ネジカバーを取り付ける
8,スライドとフレームを組み合わせる
以上完了です。
8項目もあるって思うかもしれませんが、作業としては実質5分ぐらいで完了します。
必要な工具も、スキルもありません。


サイレンサーは、軽い物がオススメです。
ライフル用などの重たいものは、ブローバックしなくなる原因でもありますのでご注意下さい。

お値段は、¥8,000-(税別)となっております。

雰囲気を楽しむのも良し。サイレンサーをバレルジャケットとしてインナーバレルを延長する為に使ってもよし。
使い方はいろいろあるのではないでしょうか?


好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 21:10Comments(0)Detonator

2016年11月19日

軽いボルトキャリア入りました(WII TECH)

続々とマルイ M4 MWS対応のカスタムパーツが発売されていますが、
WII TECHより、これからのシーズンにガスブローバックを運用しようと思うと、必須アイテムとなるパーツが入荷しました。


重量は、純正と比較して57%軽減されております。
WII TECH 68g(純正161g)

軽いだけじゃありません。
1,ボルトストップめくれ対策済み
ボルトキャリアにボルトストップがかかる部分はスティール製の強化ピースが入れられています。


2,ファイアリングストッパーの材質変更
アルミ製へ変更し、強度の向上させてます。


3,フルオートシアの摩耗を軽減
ボルトローラーの材質をポリマーにすることにより、フルオートシアへの負担を減らします。


形状は2種類
純正形状でもお馴染み


カスタム形状の



そして、さらなる軽量化を求めるなら、
ボルトエンドの軽量化パーツもあります。
ポリマー製ボルトキャリアエンド」です。


純正と比較して37%軽減されています。
WII TECH 20g(純正37g)
リコイルとのバランスを考えるなら、この部分だけ変えるものいいかもしれませんね。

ちなみに、WII TECH製のボルトキャリア専用となってしまいますが、
ポリマー製のボルトキャリアキーもあります。


純正も樹脂ですが、材質を変更するとことにより強度が向上しています。

各々のお値段は、
アルミボルトキャリア
各形状共に ¥16,400-(税別)

ポリマー製ボルトキャリアエンド
¥1,700-(税別)

ポリマー製ボルトキー
¥3,400-(税別)

となっております。
冬も変わらず元気に動かすには、まずはこのあたりからカスタムしてはいかがでしょうか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 21:11Comments(0)WII TECH

2016年11月08日

EFKのG17ポーデットバレル

DETONATORアウターバレルシリーズに、新機軸商品が入荷いたしました!
アウターバレルに新機軸って何があるのかと思うかもしれません。
先端に穴の空いたバレル。(銃口のことじゃないですよ)
これを見て、心踊る人は、絶対いるはずです。
こいつは、そう「ポーデットバレル」です。


カスタムパーツメーカーとして有名なEFK Fire Dragon社のポーデッドバレルをモデルアップしました。チャンバー部分からのぞく、このロゴが特徴ですね。


組み込むと、バレルがスライドからニョキっと飛び出してきます。
これが、ポーテッドバレルの良いところですよね。


バラーバリエーションとして、
Blackと


Silver


の2色あります。
Silverは光沢のあるタイプなので、一段と存在感が強いですね。


東京マルイ G17/G18/ガスブローバックに対応。
(G17サイズのGlockに対応してるので、口径さえ気にしなければG22にも使用可能ってことです)

材質は、作動性を重視したアルミ製。
削り出しなので、組込みも簡単です。

お値段は、どちらの色も¥7,700-(税別)となっております。

ちょっと長くて、穴の空いたこのバレル。こいつを組むだけで、いつものGlockの雰囲気が変わりますよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:00Comments(0)Detonator