2018年02月09日

1911用のピンとピンとピン

1911のパーツで小さなパーツですが、案外存在感のあるパーツがあります。
それは、ハンマーピン、シアピン、ハウジングピンの3本達です。

リアルな材質にすることにより強度を向上させ、
東京マルイのM1911用のピンで外観上のネックであった、ハウジングピンのローレットが見えないように仕様を変更しました。

仕様は、2種類。
シングルセフティー仕様
シアピンの右側の形状が、純正と同じ形状になっています。


アンビセフティー仕様
シアピンとハンマーピンの右側の形状が、フラットになっています。
実は、ここがポイントでセフティーをアンビセフティーにする場合、純正の形状であると、ピンの先端の丸みとセフティーが干渉して浮いてしまいます。
干渉しないようにフレームと面一になるようになっています。
(MEUに使われている KingsタイプのセフティーやKimberタイプのセフティーはシアピンの軸が特殊になりますので、セフティーに付属の物をお使い下さい)


材質は、
ブラックがスティール製
シルバーがステンレス製
となっております。

お値段は、各種ともに
ブラックが700円(税別)
ステンレスが900円(税別)
です。

特にセフティーを交換するときには、必須のアイテムなのでは無いでしょうか?
好評発売中です。
お求めは、お近くの販売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:18Comments(0)NeBula

2018年01月26日

マルイ1911用ネジ達が登場。

Anvilにドレスアップパーツとしては、欠かせないパーツが登場しました。
それは、東京マルイ M1911シリーズ(シングルカラムフレーム)対応のグリップスクリューです。


今回は、定番の
マイナス

ヘキサゴンをご用意しました。

マイナスは、純正よりもシャープとなっています。
ヘキサゴンは、シャープさは勿論のことデザインが違うのでカスタム感が出ます。

ブラックは、スティール製。
シルバーは、ステンレス製。

お値段は、
マイナス・・・・ブラック 700円(税別)/シルバー800円(税別)
ヘキサゴン・・・・ブラック 800円(税別)/シルバー900円(税別)
となっております。

ワンポイントアイテムでお値段も手頃ですので、グリップを変えるタイミングで一緒に交換してはいかがでしょうか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの販売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:20Comments(0)Anvil

2018年01月24日

UMAREX VP9のカスタムサイト

UMAREX VP9の対応パーツが続々と発売されていますが、
DETONATORのカスタムサイトが発売になりました。


今回は、【Meprolight Tru Dot】をモデルアップしました。
H&Kでは、サイレンサーを取り付けられるTactical系の銃には組み込まれており、HK45等でもお馴染みのサイトとなります。
(H&K VP9 Tactical のカスタムスライドは、好評発売中です。詳細はこちらから)

DETONATORでは定番の仕様ですが、
・スティール削り出し
・各種刻印を再現
・蓄光機能あり
となっております。


組み込みは簡単で、
・リアサイト
1,サイトを固定しているネジを外す。
2,純正サイトを外す。
3,カスタムサイトをのせる。
4,ネジを締め込む
・フロントサイト
1,スライドの裏側のネジを外す
2,左右どちらでも構いませんので、スライドさせて抜く。
3,カスタムサイトをはめる
4,スライドの裏側からサイトのネジをしめこむ
となります。

お値段は、 8,200円(税別)となります。

ちょっとしたパーツ交換ですが、雰囲気が変わると思いますよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:13Comments(0)Detonator

2018年01月23日

UMAREX VP9のネジ無しバレル


UMAREX VP9の純正の本体でこの部分が満足していない人はいるのではないでしょうか?
そう、バレルの先端です。

UMAREX VP9は、先端にサイレンサーアダプターが取り付けられるように、内ネジが切ってあります。
手軽にサイレンサーが取り付けられる反面、正面から見た時にライフリングが切って無く、サイレンサーを付けない人にとっては、ちょっと引っかかるポイントだったと思います。
そこでDETONATORでは、ライフリングを切った純正形状のアウターバレルを制作しました。

仕様としては、アルミ削り出しなどキットに付属している物と一緒なのですが、
シリアルのみUMAREXの初期リアル刻印Ver.に合わせてあります。

組み込みは、純正と交換するだけなので簡単です。

お値段は7,700円(税別)となっております。

何気ないカスタムですが、きっと満足度が上がると思いますよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:10Comments(0)Detonator

2018年01月18日

HK-08タイプサイトセットはUSPにも使えます。


遂に、東京マルイのUSPが発売になりましたが、
DETONATORのUSP Compact用の
「Trijicon HK-08」タイプのサイトはUSPにも対応しております。
<組み込み例>

マルイさんの説明書上では、パーツナンバーが異なり、ベース部分の形状が実際に異なっていますが、
DETONATOR では、どちらにも対応出来る形状になっています。

交換手順は USPCompactと一緒で、
リアサイトは、ネジを外すだけ。
フロントサイトは、弾性で止まっているだけなので、ちょっと硬いですが溝に沿って叩いてあげれば簡単に取り外すことが出来ます。

お値段は7,700円(税別)

カスタムの第一歩として、サイトの交換はいかがでしょうか?

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:01Comments(0)Detonator

2018年01月17日

H&K VP40(カスタムスライド)


さて先日、ご紹介しましたUMAREX VP9のカスタムスライド。
VP9だけではなくて、40S&Wを使うVP40もモデルアップしております。

ただの口径違いだけじゃないの?と思われるかもしれませんが、
このスライドをモデルアップするにあたって、実銃資料を調べていると、
実はH&KのVP40はスライドの形状が違うことが判明したのです。

一番の特徴はスライドの上部厚さが異なります。
VP9はスライドの天井に向かって絞ってあるのですが、VP40はそのまま立ち上がっています。

コッキングピースの形状も異なります。
そのためにVP40専用形状のコッキングピースを付属させています。


アウターバレルは、9mmよりちょっと大きな40S&Wの銃口を再現しています。


製品としての仕様はVP9と同様で、
アルミ削り出しでシャープな形状をリアルに再現

スライドの動きと連動するエキストラクター

実銃に即したシリアルナンバー

スライドと同じシリアルのステンレス製のシリアルプレート

ちなみに、表面と裏面で表面の仕上げが異なります。
光沢とマットの仕上げになっています。
どちらも実銃に則した仕上げなので、お好みのほうを選んで下さい。

お値段は、33,000円(税別)となっております。

VP9とは見た目の違うVP40。人とは違うものをお探しの方にはお薦めですよ。

好評発売中です。
商品のお求めは、お近くの小売店様まで。  


Posted by Anvil  at 20:10Comments(0)Detonator

2018年01月15日

UMAREX VP9のカスタムスライド



DETONATORより、新しい機種のカスタムスライドが登場しました。
それは、UMAREXから発売されてるH&K VP9のカスタムスライドです。
あれ?あのVP9って ライセンス商品だからリアル刻印リアル形状じゃないの?って思うかもしれませんが、
実は製造時期によって、刻印の内容が違ったり、シリアルナンバーが抜けてたりするのです。

DETONATORでは、実銃の資料を元にして検証を行い、よりリアルなVP9になるように作製いたしました。

アルミ削り出しで、シャープな仕上がりはいつものことですが、

スライドの動きに連動するスティール製のエキストラクター

アウターバレルの先端の内ネジを無くし、ライフリングを再現。

シリアルナンバーは実銃に基づいて設定しております。

ステンレス製のシリアルナンバープレートが付属。

シリアルナンバーは、UMAREX純正品と異なるため付属させています。
ちなみに、表面と裏面で表面の仕上げが異なります。
光沢とマットの仕上げになっています。
どちらも実銃に則した仕上げなので、お好みのほうを選んで下さい。

スライドは、3種類あり、
オーソドックスな形状のVP9


サイレンサー対応アウターバレルが付属したVP9 Tactical


ドイツ ベルリン警察にも採用が決まったヨーロッパ仕様のVP9「SFP9



お値段は、
VP9 STD ¥31,000-
VP9 Tactical ¥33,000-
SFP9 ¥31,000-
となります。

純正の状態に満足出来ない方々にはお勧めの一品ですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:02Comments(0)Detonator

2017年10月24日

Wilosn FPスライドストップ(マルイ用)

久しぶりにAnvilの新製品が発売されております。
それは、スライドストップです。

今回の新製品は、
Wilson Factory Plus です。

一見すると、ただのセレーションのスライドストップに見えるのですが、
これは、ちょっと違うのです。

スライドストップのふちを面取り加工しているのです。
少しでも、引っ掛かりをなくすための加工の様です。
なので、Anvilのスライドストップの定番品であるWilson7シリーズのスライドストップにも同様の加工が施されています。

バリエーションとして、
ブラック(スティール)とシルバー(ステンレス)の2種類あります。

組み込みは簡単ですが、Anvilのスライドストップには抜け防止の加工が施されておりますので、
組み込みの際はこちらをご参照下さい。

お値段は、
ブラック(スティール) ¥6,800-(税別)
シルバー(ステンレス)¥7,200-(税別)

純正とはちょっと違った、一手間がくわえられているパーツです。
コンシールドキャリーなどをイメージしてカスタムする際には、あるとカッコイイパーツではないでしょうか?


好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:03Comments(0)Anvil

2017年10月13日

DEMのスパイラルなスプリングガイド

Gunsmodifyから、ちょっと変わったデザインのGlock用のスプリングガイドが発売になりました。

歯車のロゴでおなじみのDEMのSpiral Fluted(スパイラル フルーテッド)タイプのスプリングガイドです。
このスプリングガイドは、この商品名のとおり螺旋状のフルートが切られており、スライドを引いた時にちらっと見える様になっています。

そして、組んでしまえば全く見えないですが、スプリングガイドの底面にはメーカーのロゴが彫られおり、リアルさを演出しております。

色は、実物どおりの3色展開。

材質は、ブラックも含めてステンレス製。

リコイルスプリングも付属しております。
(スプリングのテンションは、メーカーの表記が無いので、純正比が分かりませんが純正のスプリングよりは硬い物が付属しています。)

対応は、東京マルイ/WE/VFC系(Stark Arms/SAA等)
Glock17/18C/22/34(GEN4を除く)
となっております。

組み込みは、純正のガイドと交換するだけですので簡単。

お値段は、各色ともに¥4,200-(税別)

ちょこっとカスタムには、最適なパーツなのではないでしょうか。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:12Comments(0)GunsModify

2017年09月27日

Glockの背の高いサイト

そいえば、このタイプのサイトってこんなにバレル出しているのになかったの?
って言われそうですが、今回ご紹介するのはサイレンサー対応のGlock用のハイサイトです。


DETONATORでモデルアップしたのは、ハイサイトでは代表的な形となるTrijiconタイプです。


近年は、RMR等のドットサイトをスライドに載せることも多くなっており、その際はこのサイトをバックアップサイトとして、使用する組合せを見るようになりました。

※実銃写真

仕様は、前後共にTrijiconタイプのドットとなった GL-201を作製。
ドットの蓄光部分は、お馴染みの仕様になっており、ライトなどで強い光を当てる事により闇夜の中でも一定時間光ります。

材質は、実銃同様スティール削り出し。
刻印も、リアル刻印仕様となっています。

対応は、東京マルイGlock17/18C/22/26/34となります。
ベース部分を別パーツとしているので、各種Glockに対応します

(左-G18C用 右-G17/22/26/34用)

お値段は、8,500円(税別)となっております。

サイト単体として、使ってもよし、RMR系のサイトをのせるスライドを組合せてもよし。
いろいろ、使い勝手はあるサイトだと思います。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:23Comments(0)Detonator

2017年08月23日

SCAR用の便利アダプター

AngryGunよりSCARに対応したちょっとしたパーツが発売になりました。

SCARは、純正のパーツ状態ではQDスリングスイベルを取り付けることが出来ず、QDスリングスイベルを愛用されている方にはちょっと不便な状態でした。
そこで、使い勝手の良い場所に、簡単にQDポイントを設置できるパーツがAngrygunより発売になりました。

取り付けは簡単で、アッパーレシーバーの後方のネジを交換するだけです。

対応も、東京マルイ次世代とWE AirsoftのSCAR電動ガン、ガスブローバック問わずお使いいただけます。

お値段は、3,500円(税別)となっております。

SCARの使い勝手がよくなるパーツですので、SCARユーザー様にはお勧めの一品ですよ。

好評発売中です。
商品のお求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 21:01Comments(0)Angrygun

2017年08月21日

Prime Salient Arms Tier One Utilityスライド

SAIといえば、穴の空いたタクティカルなイメージが有ると思いますが、
今年のショットショーで、ちょっと今までのイメージとは異なる新しいモデルが発売されました。
「Tier One Utility」です。
このスライドをPrimeがモデルアップしました。


このスライドは、「Knurled Surface」と呼ばれる切子細工の様なセレーションを持っておりスライド上部にもチェッカーが施されております。


側面は、ポリッシュしてされており、穴あけ加工も無く非常にシンプルなデザインとなっています。

ロゴも側面の後部に一箇所と控えめな感じに配置されております。

サイトは、SAIオリジナルのタイプが付属


アウターバレルは金色のボックスフルートバレル仕様となっております。

バリエーションは、
東京マルイGlock17/22対応と

KJ Glock19対応の2種類あります


お値段は、どちらのスライドも38,200円(税別)となっております。

従来のSAIといはイメージの異なる落ち着いたイメージのスライドとして仕上がっています。
人と違ったイメージのスライドをお探しの方にはお薦めですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:00Comments(0)Prime

2017年06月03日

P99の小さい子が登場



P99といえば、ワルサー社が作ったロングセラーハンドガンですが、このコンパクト版がWE Airsoft よりガスブローバックで発売になりました。
フルサイズの方は、少し前に発売になっており、ビシバシ動く事で有名ですが、
このコンパクト版もフルサイズ版に負けず劣らずビシバシ動きます。
スライドの大きさ限界まで広げられた、ローディングノズルが作動のポイントの様です。

機能としては、フルサイズ版と変わりませんが、

コッキングインジケーターを再現
コッキングした状態では赤いピンが出てきます。

デコッキング機能を再現
スライド上部のボタンを押すとハンマーダウンします。

エキストラクターは別パーツで再現

そして、コンパクト独自の機能としては、

アンダーレールが、20mm仕様になっています。
(この辺りが、実銃のフルサイズ版とコンパクト版の作られた時代の差が感じられますね)

オプションパーツとしては、
バレルには標準で内ネジが切ってありますので、

WE純正のサイレンサーアダプターや

(14mm 逆ネジ仕様 ¥600-(税別))
ハンドガンサイレンサーがそのまま取り付けが可能となっています。

(長さ 100mm アルミ製 ¥5,000-(税別))

お値段は、¥13,800-(税別)となっております。
(フルサイズと同じ値段となります)

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 21:11Comments(0)WE

2017年04月24日

VLTORタイプSCAR GEN2ストックアダプター



Angrygunから発売されております、
VLTORタイプSCAR GEN2ストックアダプター

東京マルイ次世代SCAR対応の物が
SCAR-LとSCAR-Hが共用になって入荷いたしました。
(前回の製品は、SCAR-H専用でした。)
仕様は、対応がSCAR-Lにも対応した事以外は、変更ありません。

・ストックチューブの高さが調整可能
光学機器の高さに合わせられます
(※写真はWE用です。)

・6ポジション仕様
・各社のM4系のストックに対応
・両側QDポイントあり
・各種刻印は、リアルに再現


お値段は、14,500円(税別)となっております。

尚、WE SCAR GBBシリーズ対応は¥13,500-(税別)で、こちらも好評発売中です

SCARのストックは、構えにくいなって思っている方にはオススメですよ

商品のお求めはお近くの小売店様まで。

Twitterもやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 20:32Comments(0)Angrygun

2017年03月25日

アウターバレルの交換の仕方(Glock編)


DETONATORより、様々なアウターバレル出ていますが、組込みをやったことありますでしょうか?
カスタムはちょっと自信ない。。。って方もおられると思います。
といっても、カスタムの中でもバレルは組込みとしては非常に簡単ですので、分解をしたことが無いという方でも簡単に出来ますので気軽にやってみて下さい。

<東京マルイ Glockシリーズ共用>
バレルの分解組み立ては、G26/G17/G18C/G22/G34各機種ともに、パーツの形状は異なりますが、同一手順となります。

「準備」
・工具は必要ありません。
・分解した際に、消えてなくなるようなパーツはありません。
パーツ紛失恐怖症の方々でも、安心して分解できます。

①スライドのロックを引き下げたまま、スライドを引きます。
これでスライドとフレームが分かれます。

②スプリングガイドを外し

③アウターバレルをスライドから外します

④アウターバレルからホップチャンバーユニットを抜きます。
この時、プラスチックの弾性でチャンバー部分は止まっていますので、軽くねじりながら取り外して下さい。

これで、分解は終わりです。
ここから、組み込んで行きますのが、基本的には分解した手順の反対の順番で組んでいくこととなります。

⑤アウターバレルとチャンバーと組合せます。
チャンバー部分を抜いた時のように、少しねじりながらはめ込みます。
この時、奥まで入らない場合は、銃口を覗いてみて下さい。
インナーバレルを保持する段があります。
そこにインナーバレルが引っかかってしまっている場合がありますので、穴とインナーバレルを合わせながら、差し込んで下さい。

⑥スライドにアウターバレルを組込みます。
この時、組み込むバレルがサイレンサー対応であれば、先端のネジカバーを外してから組み込んで下さい。(再確認です。)

⑦スプリングガイドを組み込んで下さい。

⑧スライドとフレームを合わせて、スライドを一度引き下げれば、終わりです。


DETONATOR製品を東京マルイ純正に組み込む場合は、基本的には特にする事はありません。
ちょっと、動きが渋い様に感じられる場合は、スライドを引き下げて離す動きを繰り返ししてあげて下さい。
これで干渉している部分が、削れてスムーズに動くようになります。
潤滑剤を使う場合は、こちらの動画を参考にして下さい。


この部分に、ギア用のグリスを使われる方がたまにおられますが、粘度高い(ドロドロしていない感じ)物を使われると逆に作動を落としてしまいますので、この動画で紹介しているPULS(パルス)の様な液体性潤滑剤(テフロン系、シリコン系等)がオススメです。

ここでは、ちょっと詳しく書いるので、ちょっとめんどくさい様に感じるかもしれませんが、慎重にやっても作業時間は10分あれば出来ます。
気軽にやってみてくださいね。

DETONATORのアウターバレルシリーズが気になった方は、
こちらへどーぞ。


Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:07Comments(0)分解組み立て

2017年03月24日

東京マルイKSG用のスリングアダプター



KSGのお使いのユーザーさんで、スリングが程よいポイントに付けられなくてお困りになっていませんか?
この問題を解決すべく、WII TECHが東京マルイKSGに対応したスリングアダプターを作っています。それが、「KNSタイプQDスリングアダプターテイクダンピン」です。


このアダプターは、純正パーツNo.82 フレームピンと交換して取り付ける物です。
このピンは、2箇所とも同じ物が使用されており、ストック側と、グリップの後方側のどちらにも組み込むことが出来ます。


ODポイントは、各社のQDスリングスイベルに対応しており、MAGPULのMS4を使うことも出来ます。

材質は、強度を考えて実物と同じくスティール製

組込みは、純正のピンを抜いて、このピンと入れ替えるだけ。
(QOポイントを固定する為に、六角レンチ(2mm)が1本だけ必要となります。)

お値段は3,200円(税別)

サバイバールゲームでKSGをお使いのユーザー様にはお勧めのアイテムですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English

  


Posted by Anvil  at 20:18Comments(0)WII TECH

2017年03月23日

KSC Beretta93Rのカスタムスライド

前回は、Beretta93Rのアウターバレルをご紹介しましたが、
実は、KSC Beretta93R用のカスタムスライドがあるのです。


その昔、KSC M4用のMUR-1のアッパレシーバーを作製していた「H-GUN」より発売されています。

勿論、リアル刻印仕様です。


全てアルミ製ですが、
アウターバレル、リアサイト、エキストラクターが付属しいます。
(フロントサイトは、実銃通り一体になっています)

そして、製法はCNC削り出し

対応は KSC Beretta93R システム7専用です。
(システム7以外のハードキックVer.等の本体には使用できませんのでご注意下さい)

お値段は、43,800(税別)となっております。

好評発売中です。
商品のお求めは、お近くの小売店様まで。


Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:16Comments(0)H-GUN

2017年03月22日

KSC 93Rのアウターバレル

KSCの93Rと言えば、フルオートの出来るハンドガンとしては定番の製品ですが、
この、KSCのBeretta93Rに対応したカスタムパーツがRobineHood Tacticalより発売になっています。

そう、カスタムの定番アイテムアウターバレルです。
材質は、スティール製。
純正は樹脂製ですので、組み込むだけでリアルな質感や重量が一気に増します。

削り出しですので、先端のポートもシャープに作られています。


対応は KSC Beretta93R システム7専用
(システム7以外のハードキックVer.等の本体には使用できませんのでご注意下さい)

お値段は、11,200円(税別)となっております。

本体にちょっと、物足りなさを感じている方にはお薦めですよ。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 20:02Comments(0)RobinHood Tactical

2017年03月21日

G42のカスタムスライド

Hogwards G42と言えばG26よりも更にコンパクトなGlockとして人気のある機種ですが、
Bomber AirsoftからこのG42に対応したカスタムスライドが発売になりました。


それは、Glockのカスタムスライドでは根強い人気のある
Salient ArmsのTier1をモデルアップしました。
形状は純正とは口径違いのモデルのGlock43となっております。


アウターバレルも、G43なので9mm刻印をきっちり再現しております。


前後サイトも付属しており、こちらはTrijicon刻印入り(蓄光機能はありません)


アルミ削り出し。

お値段は、26,000円(税別)

お手持ちのGlock42のイメージチェンジしてみませんか?
好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 21:03Comments(0)Bomber Airsoft

2017年03月17日

デザートイーグルのピカピカのパーツ

こんなパーツいかがですか?

東京マルイ デザートイーグル対応の外装パーツセットです。

どんなパーツ内容かと言いいますと、
・ハンマー(ステンレス削り出し)

・トリガー(ステンレス削り出し)

・スライドストップ(ステンレス削り出し)

・セフティレバー(ステンレス削り出し)

・バレルロック(ステンレス削り出し)

・バレルロックストッパー(ステンレス削り出し)
・マガジンキャッチボタン(ステンレス削り出し)
・マガジンキャッチ(ステンレス削り出し)
・スライドストップシャフト(ステンレス削り出し)

そう、リア/フロントサイト以外全部セットとなります。

そして、仕上げはピカピカに磨かれたのポリッシュ仕上げ

メッキとは違った、ステンレス独特の質感があります。

対応は、東京マルイ デザートイーグル(ガスブローバック)となります。
(2003年7月以前に作られていた、旧型の仕様には対応しませんのでご注意下さい)

お値段は、62,000円(税別)。
ちょっと、お値段がって思うかもしれませんが、このセット内容であればむしろお得な気もしますね。

ちなみに、このメーカーさんがなぜこのパーツを作ったかを知りたい方は
こちらをご参照下さい。

好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。

Twitterはじめました。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English
  


Posted by Anvil  at 19:40Comments(0)RobinHood Tactical