2016年07月09日

SilencerCoのネジ付きアウターバレル

DETONATORのGlock用のサイレンサー対応のネジ付きアウターバレルといえば、LONE WOLFタイプしかありませんでしたが、新形状が入荷しました。


あの角張ったOspreyサイレンサーで有名な、SilencerCoが作製しているサイレンサー対応のアウターバレルを再現しました。

あの斬新なデザインをしているメーカーさんので、このバレルも他社とは違ったデザインのアウターバレルになっています。

まずは、このチャンバー部分の形状。
側面を斜めにカットしており、この部分にはメーカー名が入れられています。



そして、DETONATORのアウターバレルシリーズでは、お馴染みのネジカバー。
このSilencerCoの独自形状をしっかりと再現しました。


先端のネジは、14mm正ネジ仕様。

アルミ削り出し。組込みも簡単です。

お値段は、8,000円(税別)

今までの形状から脱却したい方におすすめですよ。


好評発売中です。
お求めは、お近くの小売り店様まで。
Enten | Facebookpage for English






同じカテゴリー(Detonator)の記事画像
ポーデッドバレルM9編
Glock34のネジ付きアウターバレル
EFKのG17ポーデットバレル
Glock26のサイレンサー対応アウターバレル
BTCスライド、リニューアルして再登場
そういえば、こっちもリニューアルしました。USP.45
同じカテゴリー(Detonator)の記事
 ポーデッドバレルM9編 (2017-02-04 15:20)
 Glock34のネジ付きアウターバレル (2016-11-25 21:10)
 EFKのG17ポーデットバレル (2016-11-08 20:00)
 Glock26のサイレンサー対応アウターバレル (2016-09-14 20:12)
 BTCスライド、リニューアルして再登場 (2016-08-25 20:11)
 そういえば、こっちもリニューアルしました。USP.45 (2015-10-15 20:02)

Posted by Anvil  at 20:10 │Comments(2)Detonator

この記事へのコメント
当記事の商品とは直接関係がないのですが、この度anvil製のパーツを購入させて頂き、そちらの商品に関して質問させて下さい。
先日、anvil製の東京マルイm1911シリーズ用チャンバーカバーを購入させて頂いたのですが、購入したチャンバーカバー(型番m-24SS)と元々所持していた、anvil製の東京マルイm1911シリーズ用ステンレスアウターバレル ストレート5インチ(型番TM-GMP-I12-SS)を組み合わせようとした所、ネジ山に大体1山程かかっただけで、ほぼねじ込めず組立てることが出来ませんでした。
最初、こちらのねじ込み動作自体が斜めになっていたり、アウターバレルかチャンバーカバーがこちらか販売店側が誤ってWA用だったりしたのかと思いましたが、少なくともパッケージ(アウターバレルの方だけ、ジップロックのようなチャック付きに何時ものanvilタグでその点も少々気になりました釜)は両方とも東京マルイm1911シリーズ用となっており、この2点ではないように思います。
上記のような両方anvil製でねじ込み出来ない、と言った事は過去に御座いましたでしょうか?
もし、解決方法がお分かりになる場合、是非ご教授させて頂きたいのですが可能でしょうか…正直、同メーカー同士のチャンバーとアウターバレルが組み合わせられないとは思っておらず、少しショックを受けました。
ネジ山のエッジ(と言うのでしょうか)が立ち過ぎていてねじ込めないのか、ネジ自体のピッチが違うのかどちらかだとは思うのですが、1山程しかかからないのはどっちにしろおかしい気がしております。

お忙しいとは思いますが、宜しくお願い致します。
Posted by m1911アウターバレル at 2016年07月30日 13:12
コメントの確認が遅くなりまして、申し訳ございません。
加工不良の可能性もございますので、ご購入いただきました小売り店様へご相談下さい。
お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。
Posted by AnvilAnvil at 2016年08月30日 17:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。