2008年12月06日

新型 WA M4バレルガイド(マルイインナーバレル専用)編

前回の予告通り、
新型 WA M4バレルガイド(マルイインナーバレル専用)を組み込んで行きたいと思います。

今回使用する純正パーツはありませんが、
別途、東京マルイ M4シリーズ対応の「HOPパッキン」と「インナーバレル」が必要となります。

本文中に出てくるパーツNo.は下記写真を参照してください。


1、インナーバレルにHOPパッキンを取り付けます。


2、パーツBにパーツFのいもネジを組み込みます。
この際、下記写真の様に六角レンチを先に入れ引き抜く様にしてネジを回し入れます。


3、パーツDをインナーバレルの切りかきにあわせて、はめ込みます。
その際、下記写真の様に取り付けた時にインナーバレルのHOP調整用の穴が上側に来るようにしてください。


4、パーツBを組み込みます。
この際に、あらかじめHOPパッキンにシリコンオイルやセラミックグリスなど粘度の低いグリス
を塗ると、スムーズに入ります。
下記写真のパーツEの赤丸の部分の穴をパーツB側にあるネジ穴ときっちりあわせてください。



5、パーツHのネジで固定します。


6、パーツGのバネをパーツFの赤丸の部分に乗せ、HOP調整用のゴムを下記写真の矢印の場所へ置きます。
(赤丸の部分には、ばねを入れる為のへこみがあります)


7、パーツIの割りピンを差し込みパーツEを固定します。


8、パーツAとパーツDのバネをインナーバレルの銃口側より下記写真の順番で入れます。
この際に、赤丸の部分にグリスを塗っておくとHOP調整がスムーズになります。


 この後は、分解した逆の手順で組み込んで行くのですがブルズアイ対応のバレル
ガイドと同様に1箇所加工が必要になる場合があります。
WA純正のパーツNO.58バレルソケットは製品により多少の誤差がある為、下記図
の様にバレルガイドが入らない事があります。その際は、バレルソケットの内側を粗
めのペーパーヤスリやリューター等で少しづつ削り、調整してください。




ちなみに、六角レンチを加工して下記写真の様なパーツを作るとHOP調整が楽になります。
レンチのL字型の短い方を切るだけなのですのが、完全に切り落として棒状にせずに少しだけ残すのがポイントです。








同じカテゴリー(製品情報)の記事画像
KSC M4用の新型チャンバーです。
Glock Gen.4 frame in Progress GEN4作ってます。
年末のあれ(WW2 記念モデル)
今年一年ありがとうございました。
KSC対応アウターバレル
マスターマット
同じカテゴリー(製品情報)の記事
 KSC M4用の新型チャンバーです。 (2012-10-06 20:23)
 Glock Gen.4 frame in Progress GEN4作ってます。 (2012-03-09 14:56)
 年末のあれ(WW2 記念モデル) (2011-01-27 22:00)
 今年一年ありがとうございました。 (2010-12-31 19:00)
 KSC対応アウターバレル (2010-05-11 20:00)
 マスターマット (2009-08-27 20:00)

Posted by Anvil  at 18:23 │Comments(0)製品情報

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。