2008年08月23日

MEUとGrip Safty

本日のお題は、先日の記事でもお知らせしました通り「グリップセフティー」を取り付ける際の加工方法です。

必要な物は、ノコギリ等ABSを切れる刃物、ヤスリです。

それでは、やってみましょう。

まず、中身をすべて取り出しフレームだけの状態にします。


加工前の状態では、写真の様に最後まではまりません。


矢印の部分が邪魔をしているのです。


純正品は、上記の写真のバーを避ける様な形状になっています。


強度的な問題や作動への問題もありませんので、切り落としてしまいます。
ノコギリ等で大まかに切り落とした後は、出っ張りが無くなくなるまでヤスリで仕上げてください。
見える所ではないので、綺麗に仕上げる必要はありません。


きっちりとはまり、セフティーの軸が通れば加工完了です。


ちなみに、加工後も純正に戻して使う事もできます。



完成!!






同じカテゴリー(製品情報)の記事画像
KSC M4用の新型チャンバーです。
Glock Gen.4 frame in Progress GEN4作ってます。
年末のあれ(WW2 記念モデル)
今年一年ありがとうございました。
KSC対応アウターバレル
マスターマット
同じカテゴリー(製品情報)の記事
 KSC M4用の新型チャンバーです。 (2012-10-06 20:23)
 Glock Gen.4 frame in Progress GEN4作ってます。 (2012-03-09 14:56)
 年末のあれ(WW2 記念モデル) (2011-01-27 22:00)
 今年一年ありがとうございました。 (2010-12-31 19:00)
 KSC対応アウターバレル (2010-05-11 20:00)
 マスターマット (2009-08-27 20:00)

Posted by Anvil  at 18:00 │Comments(2)製品情報

この記事へのコメント
ためになります!
Posted by 伊織 at 2008年08月23日 21:38
ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いたします。
Posted by AnvilAnvil at 2008年08月26日 16:17
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。