2018年03月10日

AnvilのパーツをM45A1に組んでみました。

1911としては大幅リニューアルで、パーツの互換が気になるM45A1ですが、
Anvilのパーツの互換を検証してみました!


「使用可能なパーツ」


OK
 *但し、MEU等と同様にフレームのバーを切る加工は必要です


OK


OK


OK
ロングスプリングガイドを組み込むとこんな感じになります。



OK


OK
*マグウエル付きのハウジングも問題ありません。


OK
*キャッチロックも問題ありません
*アンビマガジンキャッチも対応します。


OK
付属のシアも使用可能です。
*スパー、ワイドスパー、リングハンマーを使用する場合は、Series70タイプ、ダックテールタイプのグリップセフティーに交換が必要です。


OK
Anvil独自の抜け防止加工がされています。組み込み方法はこちらを参照ください。


OK
 *使えますが、純正グリップスクリューはネジの頭が大きくて薄いので、非常に残念な感じになりますので、グリップも一緒に交換するのがオススメです。(写真のグリップは、民間用仕様のミルタックのグリップなので、グリップスクリューは、通常のサイズのもを組み込んであります)


OK


OK

「使用出来ないパーツ」

NG
 *ショートリコイユニットの関係上、これを単品で交換しても使えません。


NG
 *ブリーチの長さが違うので完全に非対応です。


NG
 *Anvilのサイトは純正の物と固定方法が違うので、工夫次第では使える可能性はありますが、そのままでは使用できないので非対応となります。



NG
 *ホップチャンバーのとショートリコイルユニットの関係上使用できません。
(裏技を見つけたので、ここらへんはまた後日)
 *アウターバレルは対応するチャンバーカバーが無いので非対応としています。

この対応リストから見ると、フレーム側は従来のパーツがそのまま使用できます。
スライド側は、前回りのパーツを除いて新規設計になっていますね。

カスタムをする際の参考になればと思います。
各パーツの種類や価格、詳細はAnvilのウエブサイトをご参照下さい。

各パーツは好評は発売中です。
お求めは、お近くの販売店様まで。

Twitterやってます。こことは違う視点でつぶやいています。


Enten | Facebookpage for English


  


Posted by Anvil  at 19:16Comments(0)